変わりたい!を、本気で支える

募集中 | 2019.12.23まで | 2019.11.22
募集中 | 2019.12.23まで | 2019.11.22

 

*求人募集条件は記事の最後に掲載しております。先に確認したい方はこちら

 

自分の健康づくりに、自分自身で取り組んでいく。そんな意識を持って、フィットネスジムやジョギングなどで汗を流す方が、増えてきたように感じます。

 

自然の中や、整った設備の中で身体を動かすことは気持ちの良いもの。一方、健康維持のための運動とは別に、ダイエットや筋力アップなど、今の自分の身体を大きく変えたい、と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方のために専属のトレーナーがしっかりと寄り添い、1対1でトレーニングに取り組むことができる「パーソナルトレーニング」が近年、注目を集めるようになってきました。

 

今回、ご紹介するのはそんなパーソナルトレーニングジムのひとつ「Improve」さんです。

 

浜松市中区にある西伊場店でお話を聞いたのは、代表の落合時生さん。たくましい身体やはっきりとした口調の中に、あたたかな人懐こさが感じられる方。

 

落合さんがジムを開いたきっかけは、どんなことにあったのでしょう?

 

 

「若い頃に勤めていた会社で、うつ病になってしまったことがあったんです。その後1年間ひきこもりの生活を経験したのですが、当時は本当に辛くて。そんなある時、親友に誘われてボディビルのジムに通うようになったんです。」

 

それが、落合さんにとってはじめてのトレーニングだったそう。しかも、ボディビルのジム。最初は戸惑いながらも、コーチにいわれるがままトレーニングを続けていると、次第に筋肉がつき、脂肪が落ちて体つきがどんどん変わっていったそうです。

 

「そのときに、身体が変わりながら心が良くなるということをすごく感じたんです。トレーニングで変わっていく身体とともに、ネガティブで自暴自棄だった自分がプラス思考に変わって、自分自身のことを肯定できるようになっていったんです。」

 

 

そんな経験を経て、また別の会社に勤めることができるようになった落合さんですが、30歳の時にパーソナルジムを開くことになる。起業という道を選んだことにきっかけはあったのですか?

 

「中村文昭さんという経営者の講演を聞く機会があったんです。『何のために』というフレーズをよく使う方で、なぜ、何のためにやるのかということをいつも大切にされていて。その話を聞いて自分を客観視した時に、今の仕事は自分が本当にやりたいことではないなって感じたんです。」

 

当時勤めていた会社では管理職として、いろいろな仕事を任されるようになっていたそう。でも、給与や休日のために働く、という人生が自分にとって本当にいいのか、あらためて考えるようになったそうです。

 

「自分にとって一番のエネルギーは何だろうって考えたときに、トレーニングで心が前向きになることでした。だから、自分がそのトレーニングで救われたことを、他の人にも伝えられる事業をしたいって思ったんです。」

 

 

こうして2012年4月にトレーニングスタジオImproveをスタート。次第に大きくなっていき、今は西伊場店、安松店の2箇所でトレーニングジムを運営しています。

 

『人はいつからでも、どこからでも良くなれる』をコンセプトとするImproveさんは、お客さまに徹底的に寄り添うパーソナルトレーニングジム。専門的なトレーニングのほか、トレーナーと一緒に定める明確な目標設定や、独自の栄養学などにも重きを置いています。ちなみに、ここ西伊場店に通うお客さまは9割が女性だそうです。

 

「パーソナルトレーニングの需要は、意外と女性が多いんですよ。ダイエットももちろんですが、良い身体づくりが美容につながるので。」

 

そんなImproveさんは現在、エステ事業も行っています。西伊場店の2Fに開いているのが、エステサロン「ame’ liorer」。

 

 

「エステをはじめたのは、ame’ liorerの店長を担ってくれている百里さんに出会ったのがきっかけなんですよ。もともとImproveのお客さまだったのですが、いろいろな話をするようになって。」

 

店長の門馬百里さんは以前、大手のエステティックサロンで働いており、数々の表彰を受けるなど実績のあるエステティシャンだっそうです。遅くまで勤務した後に来られるためいつも最後のお客さまで、仕事の悩みなども聞くように。そんな中で、自分のお客さまのことを一生懸命話される姿に感動されたそう。

 

 

「お客さまに本当に一心で。そんな姿勢に僕は惚れたんです。もともと、僕はエステに興味は全然なくて、どちらかというとそんなにいい印象を持っていなかったんです。でも、そんなエステのイメージを彼女が変えてくれて。人はいつでも良くなれるって想いは同じだなって。」

 

こうして、ジムとエステにまたがり事業を行うImproveさんのスタッフは現在10名。どんなみなさんが集まっているのでしょう?

 

 

「明るくて前向きなメンバーですよ。みんな会社のことが好きで集まってくれています。ここで働くことでそれぞれの夢が明確になって、みんなが自分の夢に近づいたり叶うのが、一番かなって思っているんです。」

 

 

そんなスタッフの中で最初にお話を聞いたのは、川口さんです。

 

 

現在、総括部長という立場で現場を任されている入社4年目の川口さんは、島田市の出身。以前、藤枝にあるボディビルのジムに通っていたそうで、そこで出会った落合さんに誘ってもらったのが入社したきっかけだそう。

 

「当時は、とにかくパーソナルトレーナーになりたいと思っていたんです。その頃は一般的なフィットネスジムのアルバイトをしていたのですが、将来を悩んでいて。」

 

会員が自由にトレーニングするフィットネスジムとは違い、トレーナーが1対1で付き添って取り組むのがパーソナルトレーニング。お客さまにしっかりと関われるそんな仕事がしたい、と思うようになっていたそうです。

 

「僕が入社したのはちょうど法人化したタイミングでもあって、会社の成長とともに走り続けてきたって感じです。パーソナルトレーナーになれたことが喜びだったし、当時からいろいろ任せてもらえるので楽しくやらせてもらっています。」

 

 

Improveさんでは、2ヶ月間の集中プログラムが基本。カウンセリングではまず、お客さま自身の目標を明確にすることを大切にしているそうです。

 

そして、理想のからだづくりをするために必要な栄養学の講座を受ける。いくら良いトレーニングをしても、適切に栄養を摂取することができなければ目的の身体はつくれません。

 

「あなたの目標を達成するためだったらなんでもやりますよって、僕らは本気で思ってます。パーソナルトレーナーになる前は、トレーニングの知識を持って、しっかりと教えてあげられればいい思っていたんです。でもそれは違って、お客さまが変わるために、目標を達成するために、何ができるかって。そういうところまで本気で考えてあげられるのが、Improveのパーソナルトレーニングなんです。」

 

ジムでのトレーニングのほか、2ヶ月間はLINEを使ってお客さまの食事までしっかりと管理するそう。

 

 

「僕たちは、食事内容を見るだけではなくて、何が良くて何がだめってことまでちゃんと説明させていただくんです。インプルーブの体作りは、栄養学が8割。そこがすごく大事で、栄養のことまで理解してもらうから、コースを終わったあとも、なぜ太るんだ、痩せるんだってことが分かるようになります。」

 

そんな中で、お客さまから感謝の言葉をもらえる時が一番うれしいといいます。

 

「Improveのおかげでとか、川口さんありがとうって、そんな言葉をもらえるときは最高に嬉しいです。トレーナーになりたい子って、トレーニング方法や技術などをメインに考えてしまいがちなんです。でも、それよりももっと本質を見てもらえるように。自分が教えたいことを教えるんじゃなくて、お客さまの目的を果たすためなんだよって。」

 

 

新しく入ってくれる仲間にも、そんな気持ちを共有してもらいたいという川口さん。きっとこんなふうにして、いいトレーナーが育っていくんだと思う。

 

 

続いてお話を伺ったのは、女性スタッフの内山さんです。

 

 

入社して約1年半という内山さんは、以前は歯科衛生士として働いていて、もともとImproveさんのお客さまだったそうです。

 

「パーソナルトレーニングに興味はあったのですが、当時は男の人がするゴリゴリの筋トレっていうイメージがあって。でも、ここの体験コースを受けたら、女性が多いしトレーニングも楽しくて、通うようになったんです。」

 

それ以前は、一般的なフィットネスクラブに通ってダイエットしていたという内山さん。効果は出ていたものの、これ以上はどうしても体重が落ちないラインがあり、2〜3年続いていたそう。

 

「でも、Improveのトレーニングで、1ヶ月もしないうちにそのラインをスッと越えたんです。ほんとにすごいなって思って。」

 

そんな中である日、落合さんにImproveで働かない?と誘われたのだそうです。ちょうど転職しようかと思っていたタイミングではあったものの、トレーナーの経験もなく、声をかけられた時にはびっくりしたそうです。

 

「でも、落合さんが必要な資格があれば取ってもらえばいいし、しっかりと教えるから大丈夫だよっていってくれて。」

 

 

「それまで、自分の人生で好きな仕事って見つけたことがなくて。歯科衛生士の仕事も嫌いなわけじゃなかったんです。でも、トレーニングがほんとに楽しかったし、同じように通うお客さまのために自分がなにかできるんだったら、これが仕事にできるんだったらすごいなって、誘ってもらえたときにすごく思いました。」

 

そんな内山さんは現在、トレーナーと同時にame’ liorerのエステティシャンとしても活躍しています。実際に働いてどうですか?

 

「もともと私は人の話を聞くばっかりのタイプだったのですが、自分からすごく話す性格になったかな。ジムでもエステでも、お客さまは何かしら悩みを持って来られます。でも、私のことを知ってもらわないと、お客さまも話しにくいと思って。だからこちらから積極的にどんどん話すようになりました。」

 

 

「ame’ liorerは、『ハートビューティーサロン』と呼んでいて、そのハートの部分をすごく大事にしています。外見だけではなくて、内面も磨ける場所。そのためには、ほんとの悩みを聞き出すことができるように。」

 

そんな内山さんは、エステのお客さまで忘れられないエピソードがあるそう。

 

「自分に自身を持てない子がいて。すごくかわいい子なのですが、いつも申し訳なさそうにお店に来られるんです。よくよく聞くと、仕事での悩みをもっていて。」

 

 

そんな彼女も、痩せていくことでだんだんと表情も変わっていったそう。

 

「お店に入ってくるときに、ピッと背筋も伸びていて。自分に自信をもてるようになったことで、仕事もうまくいくようになったそうなんです。」

 

そんなお話をしてくれることがすごく嬉しかったという内山さん。お客さまの悩みを自分のことのように感じてきたからこそ、よけい嬉しかったのだと思う。

 

「落合さんからは、人がよくなる環境を作りたいって、耳にタコができるくらい聞いています(笑)。みんなにいつも気を配ってくれてるし、家族のように接してくれます。スピード感はすごくありますが、理念に共感してくれる人なら、こんなに働きやすい環境はないんじゃないかな。」

 

 

「ここで働くようになって、自分って何でもできるんだって思うようになりました。いろいろな方に関わらせてもらって、みなさんが変わっていって。昔は、『私は一生、歯科衛生士をしてる』って思っていたんですよ(笑)。良い縁に恵まれたなって本当に思います。」

 

はつらつとした笑顔で嬉しそうにお話してくれる内山さんから、“好き”を仕事にできている充実感が感じられました。

 

 

続いてお話を聞いたのは、嘉屋(かや)さん。

 

入社して半年というフレッシュな嘉屋さんは、新潟の出身。ご両親は転勤族で、育ったのは三重だそうです。

 

 

高校時代から、パーソナルトレーナーを目指すようになったという嘉屋さん、どんなきっかけがあったのでしょう。

 

「僕、小さい頃からずっと肥満児で、高校1年生の時に90kgあったんですよ。昔から食べることが大好きで。」

 

そんな嘉屋さんですが、当時、太っていることはむしろ個性だと思ってたので、自分では全く気にしていなかったそうです。

 

「でも、高校1年生のある時ランニングにはまったんです。それはダイエットしよう!とはじめたわけではなくて、走ることが楽しくて。ただ相変わらず食べていたので、体重は減りませんでした。」

 

とはいえ、毎日続けていると体力がつき走る距離も伸びていく。その頃から友達に、痩せた?といわれるようになってきたのだそう。

 

「僕はその時、痩せたいとは思っていなかったので、周りからいわれて気づいたくらいなんです。で、実際に体重計にのってみたら減っていて。その時、あれ痩せるのって意外とかんたんなんじゃないかな?と思って。」

 

 

そこで、痩せてみよう!と思い立ち、筋トレをはじめたり、食事やカロリーのことも考えて生活するようになった嘉屋さんの身体はぐんぐんと変わっていったそう。

 

「今日から、と決めてから2ヶ月間で15kg痩せたんです。そうすると、やっぱりまわりのみんなは気づくんですよね。あれ?嘉屋くん絶対痩せたよねって。」

 

特に、ダイエットに関心のある女子からは、どんな風に体重を落としたのか、いろいろと聞かれるようになったそう。

 

「その頃は単純に自分がしてたことを教えていただけなんです。でも、それだけでもまわりの子たちにやっぱり結果が出てくるんですよね。方法と手段がわかると、ちゃんと痩せるんです。喜んでもらえるのが、自分なりにすごく嬉しくて。」

 

 

進路のことを考える年齢でもあり、こうしたことに関われる仕事がないかと探して進んだのが、名古屋にあるスポーツトレーナーの専門学校。アスリートを育てられるような技術を学べる学校だったそう。

 

そうして、進んだパーソナルトレーナーへの道。Improveさんに入社した理由はどんなことだったのでしょう?

 

「ここを見つけたのは偶然なんです。スポーツトレーナー育成の専門学校というのは珍しかったこともあって、いろいろな会社が声をかけてくださいました。それで、全国様々なジムを見学させてもらったのですが、自分のイメージしていたパーソナルトレーナーとは大きく違って。」

 

 

そんなある日、東京から名古屋へ帰る新幹線の中、スマートフォンで調べていた時にImproveさんを見つけたそう。

 

「浜松を通りかかった時で、たまたま検索に入ってきたんですよね。そのときに、トレーニングの様子やお客さまとの関わりなどをSNSで発信している様子を見て、すごく伝わるものがあったんです。自分がお客さんだったら、絶対ここに通いたいって思うだろうなって。」

 

こうして自分から問い合わせ、理想のジムに入社することができた嘉屋さん。実際に、半年働いてみてどうですか?

 

 

「1ヶ月に一回くらいのペースで落合さんが面談をしてくれて、最近どうって話を聞いてくれます。今の環境のこととか、僕の夢のこととか。入社してからずっと、毎日が楽しくてしょうがないです。やっぱりお客さまの結果が出たときが一番嬉しいですね。方法と手段が分かって実践すれば、必ず結果は出るので。」

 

今、取り組んでいるその気持ちは、高校の頃の純粋な想いと同じなのだと思う。たまたま見つけた、浜松での理想の職場。活き活きと働かれている嘉屋さんが頼もしく感じられました。

 

 

最後にお話を聞いたのは、事務を担当している近藤さんです。

 

 

近藤さんは、エクステリアの現場監督や、物流の管理など、いろいろな仕事の経験を経て入社されたそうです。

 

「もともと身体を動かすのが好きで、空いている時間があるとフィットネスジムに通っていたのですが、ある日ジムで働いてみたいなって思ったんです。そのときに友達にそんな話をふとしたら、『それなら、パーソナルジムの社長さん知っているよ』って。」

 

軽い気持ちで話したつもりでしたが、そのままトントン拍子に転職することができたのだそうです。

 

身体を動かすことが好きで転職してきた近藤さん。でも、今は事務を担当されています。

 

「最初はトレーナーとして働くつもりで、研修も受けたりしていたんです。でも、会社の中を見ていると事務作業が円滑に回ってないなって感じて。現場はすごく活気があっていいけど、裏側が追いついてないというか。誰かがやらないといけないと思ったのですが、周りを見渡すと私が一番向いてるのかなって思って。」

 

 

「私、現場の最前線に立つ役割も好きだけど、意外と事務作業はきらいじゃないんです。裏方の立場でみんなの力になれるならと思い、落合さんにそんな話をしたらぜひやってほしいって。」

 

いろいろな経験をしてきた近藤さんだからこそ、客観的に現状を把握することができたのだと思います。事務と一口に言っても、作業は様々。みなさんが必要だと思うものがあれば、すぐに書類を用意するそうです。

 

「たまにジムに来た時に、こうしていい雰囲気でトレーニングできてる様子を見るとすごく気持ちいいんです。もちろん、自分だけの力じゃないですけどね。」

 

 

「まだまだ若い会社だけど、私はすごく可能性を感じているんです。なんていうんだろう、深いところまでつながっていくっていうか。一人ひとりがお客さまに本気で関わって、意地でも変えてあげるって。知ってもらえれば、すごく良さがわかる会社だと思う。」

 

年々店舗が増え、事業を拡大しているImproveさん。少し離れた立場で見ているからこそ、よけい成長を肌で感じることができると近藤さんはいいます。

 

 

そんな仲間が集まる会社のことを、落合さんはあらためて話します。

 

「挑戦者が集まる会社になればって思っているんです。それは、会社のビジョンに対する挑戦っていうよりも、みんなが自分自身の人生の目的とか夢に対する挑戦のこと。例えば家族との時間を大切にしたいとか、いずれ独立したいとか、それは人それぞれだから。」

 

スタッフみんなの夢が、この会社にいることで、実現できたり、近道なったりすればそれが一番という落合さん。その言葉は、自身の経験を踏まえて、仲間のことを想っているからなのだと思います。

 

 

「魅力の勝負ですからね。男女の恋愛と同じで、会社のことが好きだったら、お客さまも仲間もみんな近くにいたいって思ってくれると思うから。」

 

夢や目標を明確にすること、そして、そこへ向かうことを大切にすること。お客さま、スタッフどちらにも自然に通じていることなのだと思います。

 

『人はいつからでも、どこからでも良くなれる』

 

その力強いメッセージとともに、Improveに集うみなさんは、これからも地域のたくさんの人を支えていくのだと感じました。

 

 

■株式会社Improveのホームページはこちら

「Improve」→ https://improve-hamamatsu.co.jp

 

 

【求人情報】

雇用形態 A:正社員
B:パート・アルバイト
給与 A:正社員
月給170,000円~300,000円(2カ月研修時150,000円)
※昇給制度あり
※賞与は勤務1年後から年2回支給

B:パート・アルバイト
時給880円~1000円
※頑張り次第でボーナスあり!
仕事内容 トレーナー業務
エステ業務
事務作業
応募資格 やりがいのある仕事をし、自分のスキルや知識をあげたい方!
向上心があり、ワクワク仕事をしたい方!
未経験者、大歓迎です!
勤務地 浜松市内
勤務時間 【フィットネス】
 9:30~22:00(金曜休み他シフト勤務)

【エステ】
 9:30~19:30(日曜休み他シフト勤務)
休日 週休2日
夏季休暇、GW・年末年始休暇
採用予定人数 1〜3名
その他 社会保険完備、交通費支給、制服支給

電話でのお問い合わせは、「TOWTOWMI(トオトウミ)を見た」とお伝えください。
TEL/053-415-8874 担当/落合時夫
ホームページ https://improve-hamamatsu.co.jp
go to pagetop