豊かな漁場を守り、未来に受け継ぐ

2019.05.31
2019.05.31
本サイトでの求人募集は終了しました
現在の求人状況については、掲載企業に直接お問い合わせ下さい

 

*求人募集条件は記事の最後に掲載しております。先に確認したい方はこちら

 

 

豊かな森林が広がり、川や海に囲まれて多様な産業が営まれている浜松。

 

そのひとつ『水産業』に目を向けてみると、美しい海岸線を有する遠州灘、天竜川を中心とする大小の河川、そして県内唯一の汽水湖である浜名湖など、多彩な自然環境の中で様々な漁業が行われています。

 

今回ご紹介する株式会社海老仙さんは、そんな浜松で獲れる様々な水産物を取り扱われている会社です。

 

浜名湖にある港で出迎えていただいたのは、3代目社長の加茂仙一郎さん。

 

 

「浜松の水産物は、淡水と海水が混ざった全国でも珍しい汽水湖の浜名湖と、外海の太平洋で獲れます。水揚げの魚種も多く、水揚げ高も多い。こんなに豊かな漁場で、たくさんの水産物が獲れるところはないんですよ。」

 

大正時代に行商からはじまったという海老仙さんは、地元で水揚げされた様々な水産物を地元の飲食店やホテルなどに卸すほか、関東や関西などの大きな市場に出荷しています。

 

「うなぎを始め、鮎やすっぽん・海苔・牡蠣などの養殖も盛んなので、四季を通じて多種多様な水産物が獲れます。ここで揚がったものだから、私たちは新鮮なものをすぐに食べられる。こんなに恵まれた環境は贅沢なことですよね。」

 

しばらくすると船が一隻入ってきました。

 

「おーい!」と大きな声をかけあって船が近づき、獲ってきた魚を漁師のご夫婦が積み下ろします。

 

 

「いつもおつかれさま、今日はだめだねえ、数が少ないよ。ジンベエが少し揚がったけど。」

 

「そうかそうか、しょうがないねえ。でもいいジンベエじゃない。これは立派なもんだ。」

 

「そうだねえ、加茂さんにそういってもらえれば嬉しいよ。明日は今日より獲れるといいけど。」

 

揚がった魚はどれもみずみずしくて活きがいい。ジンベエというのはホシガレイのことで、このあたりではそう呼ぶのだとか。今の時期は、最高においしい白身魚だそう。その他に今日揚がったのは、クロダイ・スズキ・ボラ・コノシロなど。

 

 

その後、漁港の中を案内してくれました。加茂さんが立ち止まったのは、古い仲買人の表札の前。

 

「昔はみんな一緒にやっていた仲買人さん達なんだけど、今はどこも廃業してしまいました。懐かしいなあ。どこの産地も大変になっているけど、浜松も同じです。」

 

 

今まではたくさん獲れていた水産物が、年々減少している。現在、全国の様々な産地がこうした課題を抱えています。

 

『海老仙』の名前は、『車海老』が由来だそうです。浜松の車海老は全国的にも大変評価が高く、以前はたくさん獲れていた車海老を東京・大阪などの市場へ毎日のように出荷されていましたが、今はもうほとんど獲れなくなってしまっているそう。

 

「よく話題にあがるウナギの稚魚も年々減っていますし、アサリを捕る潮干狩りなんかも、昔はこの地域の風物詩だったでしょう。なくなってしまうのは寂しい。少しでも昔の浜名湖に戻せるように、仲間を作って取り組んでいるんです。」

 

(写真提供:海老仙広報)

 

その取り組みのうちのひとつが、うなぎ資源の回復のための『親うなぎの放流事業』です。うなぎに関わる地域のみなさんが有志で始めたもので、産卵を迎える親うなぎを買い取り、毎年資源回復のために放流をしています。

 

6年前に始まったこの取り組みは、静岡県や浜松市・湖西市などからも協力を得るようになりました。事業を行う『浜名湖発親うなぎ放流連絡会』では、加茂社長が会長を務められています。

 

 

「ここで獲れるものが減ってしまえば、漁師さんや仲卸の業者さんたちも商売ができなくなってしまいます。少しでも資源を増やしていくことを考えていかないと。」

 

地域の水産業に関わる方々のためにも、需要を生み出しながら、資源の回復に取り組んでいかなければいけない。そんな現状をお話してくれながら、海老仙さんの事務所へと案内してくれました。

 

 

 

浜松市西区雄踏町に事務所を構える海老仙さんでは、現在55名のスタッフが働かれています。朝早い時間から動き出すみなさんは、とても活気があります。

 

また、海老仙さんでは加茂社長の4人のお子さんたちが入社して働かれています。みなさんいろいろな経緯があって入社されているそうですが、現在それぞれの部署で活躍している頼もしい存在。

 

 

事務所で最初にお話を伺ったのは、ご長男の加茂仙逸さんです。柔らかな物腰でどなたにも接する姿が印象的な、若き後継者です。

 

 

今年34歳になる仙逸さんは、高校を出てすぐに築地市場の商社に勤め、2年間の経験を積んで戻ってこられました。今年で、入社してから14年になるそう。

 

 

「僕が築地にいた頃は、まだ浜松の車海老が出ていたんですよね。全国から水産物の集まる築地でも、随一の評価でした。5月の連休の時なんかはすごい高値になっていて。今日のエビよかったぞー!なんて、先輩から声をかけてもらうこともよくありました。」

 

今でもうなぎや牡蠣、稚アユなど、浜松から届く水産物は高値で取引される評価の高いもの。自分の地元のものでもあって、思い入れを感じながらお客さまにおすすめしていたそうです。

 

(写真提供:海老仙広報)

 

そんな仙逸さんが海老仙さんに入社して最初に担当した仕事は、営業配送だったそうです。営業先のお客さまは、地元の飲食店さんやホテルなど。

 

「その日に獲れた新鮮なものをお届けできるのが、産地ならではですよね。それって、簡単なようで簡単じゃなくて。」

 

例えばシーズンになると人気のある『もち鰹』も、揚がったその日に食べるからもちもちとした特別な食感を味わうことができる。地産地消のできるこの地域ならではの、贅沢な味わい。

 

「飲食店さんのニーズに応えられるように、僕たちもいろいろご提案させていただいています。ご要望いただくものは浜松で獲れるものばかりではないので、他の産地の業者さんとも連携して手配をします。」

 

 

やはり飲食店さんの品質を見る目は、厳しさもあります。全国の産地とつながりを持って、お客さまのニーズに日々応えています。

 

「みなさんに水産物をたくさん食べてもらうには、やっぱりおいしい料理にして食べてもらうのが一番。一方で、飲食店さんではそれぞれに事情もあって下処理などに手をかけられないお店もあるので、そうしたお手伝いもさせてもらっているんです。」

 

そのため、海老仙さんでは魚をさばいたり、うなぎをひらいて焼いたりするなど、仕入れて配送する以外にもいろいろな事業を行っています。

 

 

 

飲食店のなかには、人手が少ないところや、すぐにお出しできるようなメニューを揃えたいというお店もある。 お客さまからの『こういう形になっていれば使いやすいな』、という声に応えられるように、自然に広がってきた事業なのだと思います。

 

よろしければご案内しますよ、と調理現場をご案内してくれました。

 

 

 

その日届いた魚を、スタッフのみなさんがさばいていきます。手慣れた包丁さばきで次々とおろしていく様子は、とても迫力があります。

 

 

仙逸さんも午前中はいつもここでさばきの作業をしているそうです。入社してから、先輩たちに少しずつ教えてもらい身につけていったそう。

 

「この調理場では、料理人育成のための受け入れもしているんです。地元で獲れたものを加工する技術の継承も今後必要になっていくので、当社で新たにはじめた事業のひとつなんです。」

 

浜松で獲れる水産物には、フグやハモ、うなぎなど調理に特殊な技術を要するものも多くあります。こうした技術を、海老仙さんの職人さんが基礎からしっかりと教えてくれるそうで、現役の調理師の方から料理店の開業を目指す会社員の方など、いろいろな方に活用していただいているそうです。

 

 

こうして海老仙さんに届く水産物は様々ですが、その中でも主に地元の水産物の仕入れを担当するひとりが、三男の貴道さんです。

 

 

「今年で入社してから8年になるのかな。8年経験してきて、やっと自分の目利きに自信を持てるようになってきました。」

 

貴道さんは地元の市場に行っては、その日揚がったものから良いものを選別し、セリを通して仕入れを行います。

 

 

 

訪れた市場は大変な活気があり、水揚げされた魚が次々に競り落とされていきます。こうしたなかで良いものを選び抜く“目利き”には、やはり経験が必要だと感じます。貴道さんはどんな風に養っていったのですか?

 

「仕事を通しての経験ももちろんありますが、僕は飲食店によく食べに行くようにしています。仲良くしてくれる料理人さんに、すごく詳しい方もいて。」

 

いろいろなお店に行くと、この人はこの魚をこんな風にとらえて料理するんだ、と驚くこともあるそう。仕入れだけではなく、どんな使われ方をしているのかを見ることで、視野も広がるといいます。

 

 

以前は、いい魚だと思って仕入れたけれど、さばいてみたら思ったほどよいものではなかったことも時にあったそうです。 自分たちを信頼して注文してくれているから、悪いものは届けられないと謝罪の連絡をすることも。だからこそ、市場で仕入れる際の責任は一層大きいのだと感じます。

 

「そんななかで、自分の仕入れたものをお客さまに喜んでもらえた時は、純粋に嬉しいです。飲食店さんがおいしい料理を出せるのが一番だから。」

 

頼れる先輩たちに囲まれて、そんな仕事に励む毎日が楽しいそう。今後どんなことを目指していきたいですか?

 

「少しでも良いものを仕入れられるように、これからも経験を積んでいきたいですね。自分のことを頼ってもらえる地域のお店を、もっともっと増やしていきたいです。」

 

 

いろいろな苦労も通じて、経験を積み、自分自身の技術や人間関係ができてきたから、いっそう今を楽しめているのだと思う。これからも目利きの腕を磨いていく貴道さんの成長が楽しみです。

 

 

次にお話を伺ったのは、次女の松永実祐希さん。入社したのは5年前で、以来売店での販売を担当してきました。

 

 

実祐希さんは、以前は和菓子店に勤められていたそうです。人と関わる、接客の仕事が昔から好きだったそう。

 

「うちのお店は、繁忙期と閑散期がはっきりしているんですよ。いろいろな水産物を販売していますが、人気があるのはやっぱりうなぎですね。」

 

今日できあがったうなぎの白焼を並べていると、ちょうどお目当てに来店されたお客さまがいらっしゃいました。

 

 

 

特にお中元やお歳暮の時期には全国からたくさんの注文をいただくので、パートのみなさんで協力しながら梱包や発送などの作業もするそうです。 年代も様々で、みなさん仲がよく居心地がとてもいいそう。

 

 

接客する中で、大切にしていることはありますか?

 

「いろいろなご要望を持ったお客さまが来られるのですが、お話を伺って私のご提案がぴったりときた時が嬉しいですね。例えばどんなものをお贈りするのがいいのか、迷われて来られるお客さまも多いので。」

 

少し前からは、通販の事業も合わせて担当することになったそうで、専用の通販サイトに入った注文にひとつひとつ対応しています。

 

 

「浜松といえばやっぱりうなぎですし、地元のものを贈り物などに使ってもらえて、全国に届けることができるのは嬉しいですね。」

 

海老仙さんが仕入れ、おいしく調理したものを、お客さまに届ける役割。明るく元気な実祐希さんたちが、おいしさとともに笑顔も届けています。

 

 

続いてお話を伺ったのは、こうしたうなぎの『養殖』に携わる若いスタッフの嶋さんです。

 

 

嶋さんが入社されたのは、約1年半前。以前は、建築業の施工監督の仕事をされていたそうです。

 

「前職は名古屋で働いていたのですが忙しすぎて身体を壊してしまい、地元に戻って来たんです。」

 

実は嶋さんの実家は養鰻業を営んでいて、海老仙さんのうなぎの養殖をしている養鰻家でもあります。現在、海老仙さんに勤めながら、実家で養鰻業の手伝いもされているそう。

 

(写真提供:海老仙広報)

 

同時に2つの仕事をこなしていくのは、大変ではないですか?

 

「前職の仕事が大変すぎたので(笑)、比べたら全然なんともないですよ。それにどちらの仕事もとても充実しています。養鰻業についてはいずれ僕が継ぐ予定なので、いろいろ勉強もさせてもらっているんです。」

 

嶋さんは、実家の養鰻池で毎日餌やりの作業をしているそうです。

 

(写真提供:海老仙広報)

 

うなぎは食欲がとても旺盛なので、毎日たくさんの餌が必要になるほか、稚魚の仕入れなどにも大変な費用がかかります。稚魚の減少なども続くなかで、個々の養鰻業者さんたちがこれからどう経営していくのか。地域の大きな課題でもあります。

 

「例えば海老仙の一事業として、うまく連携を図るような新しい仕組みも考えながらやっているんです。みなさんに仲良くしていただけて楽しい職場ですよ。」

 

海老仙さんでは、魚のさばきなど加工現場を任されて日々腕を磨いています。

 

 

後を継がれる養鰻のお仕事について、これから先の展望はありますか?

 

「まずは、これまでどおりいいうなぎを育てていけるように。また、前職の建築の世界では、業務の中にデータを用いることが多くありました。養鰻業の中で役立つことも多いと思いますし、うまくデータ管理を取り入れることで規模も広げていければいいですね。」

 

 

「海老仙もだんだんと代替わりの時期に来ています。新しい感性で、新しい取り組みもしていこうという仙逸さんの姿勢はすごく感じていて、自分自身が感化されることも多いです。」

 

そんな信頼関係が生み出す力はきっと想像以上に大きいと思う。地域の仲間と力を合わせながら家業を継ぐ、その未来に向かって取り組まれている嶋さんの笑顔が、すごく印象的でした。

 

 

最後にお話を聞いたのは、次男の二郎さんです。

 

 

入社したのは9年前で、仙逸さんと同じく2年間は築地の商社で経験を積んでこられました。

 

「立て場(たてば)があるから、このあたりは湿度が高いんですよね。午前中はここで3時間、さばきの作業をしています。」

 

 

 

立て場(たてば)というのは、生きたうなぎを桶に入れ、地下水でたたいて活きじめする場所のこと。ミネラル豊富な地下水でたたくことで、うなぎの身が締まり、よりおいしいうなぎになるそうです。

 

勢いよく天井から水が落ちる立て場の中は、とても迫力があります。活きじめされたうなぎの中から良い品質のものだけを選別し、次々とさばかれています。

 

「まわりはみなさんベテランで、一番長い方では30年くらい経験があります。やっとひととおりは開けるようになりましたが、まだまだですよ。」

 

 

二郎さんがてきぱきとさばく姿も圧巻ですが、スピードや正確性などベテランの職人の方にはまだまだ遠く及ばないそう。

 

現場に入ったのはこうした職人さんたちの技術を引き継ぐためでもありますが、二郎さんはもともと携わってみたいと思っていたそうです。

 

 

「ただやってみて、こんなにも自分にセンスがないなって思ったことは初めてでした(笑)。でも、続けていけば必ず身につく技術です。自分なりにさけるようになってからは、本当に楽しいです。」

 

そんな二郎さんは、今は管理面も担うようになってきています。入社後は長く営業の仕事に携わり、多くのお客さまとの信頼関係も作ってきました。そうした経験を活かして、今後、仙逸さんを支える立場にもなると思う。

 

「5人兄弟の中でちょうど真ん中ということもあって、兄弟げんかの仲裁役も昔からよくしてきました(笑)。中間役というのか、自分ではそんな役目かなと思っているんです。」

 

 

刻々と変化してきている水産資源の現状もあります。そんな中、資源保全・地域貢献のためのいろいろな事業を展開してきたのが海老仙さん。現在の三代目社長の代ではじまった、こうした取り組みのことも大切に思っているそうです。

 

「父のことはほんとに尊敬しているんですよ。あんなに誰からも慕われて、誰に対しても一生懸命な人はいないんじゃないかなって。かなわないな〜と思いますよ。」

 

こうした気持ちは、社会に出てから持つようになったという二郎さん。いろいろな立場でいろいろな経験をしてきたからこそ、感じられることなんだと思う。 

 

「長男の仙逸は、誰から見てもしっかりもの。いつも気配りがあるし、昔からそう。後継者として育てられたっていうこともあると思いますけどね(笑)。みんながついていこうって思えるタイプだから、間の部分で僕が支えられることがあればいいですね。」

 

 

 

この海老仙さんには、浜松の水産業に携わるみなさんが、様々な想いを持って集っています。

 

最後に、仙逸さんにこれからのことについて伺いました。

 

「いろいろな仕事があるから、一通り経験してみて、自分の合うものを見つけられる会社だと思います。若い方にもぜひどんどん来てもらって、活躍してもらいたいですね。」

 

 

「創業以来、地域の中で育ててもらった海老仙だから、少しでもお返しできるように。挑戦なんてカッコいいものではないけど、いつでも前を向いて、できることをやっていきたいです。」

 

私たちは、こんなにも豊かな漁場に囲まれて、新鮮でおいしい水産物を食べることができます。一方で、そんな恵まれた環境を守っていくために、取り組んでいかなければいけないことも多くあります。

 

海老仙さんで働くみなさんの活躍が、その大きな力の一つになるのかもしれません。そんな気持ちに共感された方は、ぜひ問い合わせてみてください。活気あふれる海老仙さんの空気を、いっぱいに感じていただけると思います。

 

 

■株式会社海老仙のホームページはこちら

「海老仙」→ https://www.ebisen.info

 

 

【求人情報】

雇用形態 (1)パート・アルバイト
(2)正社員
給与 (1)パート・アルバイト
時給900〜950円

(2)正社員
【1】営業配送:基本給172,000〜315,000円
【2】一般事務:基本給170,000〜180,000円
【3】水産物の加工:基本給150,000〜305,000円
※その他、別途各種手当有
仕事内容 (1)パート・アルバイト
【1】配送
・配送車(普通バン)にて、浜松市内の飲食店やホテルなどへ水産物をお届けするお仕事です。
・近距離の配送ですので、ご都合にあわせたお勤めも可能です。

【2】水産物の加工
・うなぎの加工・鮮魚の加工・海老の加工など、水産物をお客さまへ販売できる状態に加工するお仕事です。

(2)正社員
【1】営業配送
・配送車(普通バン)にて、浜松市内の飲食店やホテルなどへの水産物をお届けするとともに、お客さまからのご要望伺いや新規開拓等の営業活動をしていただきます。

【2】一般事務
・電話・来客対応、受発注業務、伝票入力、入金・請求処理、資料作成、データ集計などを担当していただきます。
・PCスキルをお持ちの方には、データ管理やマニュアル作成などもお任せいたします。
・コツコツと取り組み、少しずつレベルアップをしたい方を応援しています!

【3】水産物の加工
・うなぎの加工・鮮魚の加工・海老の加工など、水産物をお客さまへ販売できる状態の加工するお仕事です。

※幅広いスタッフが活躍中!
※未経験者の方も大歓迎です!丁寧に指導していますので、安心してご応募ください。
※応募前の職場見学も可能です。
応募資格 (1)パート・アルバイト
【1】配送:要普通自動車免許(AT限定可)

(2)正社員
【1】営業配送:要普通自動車免許(AT限定可)

その他職種は特になし
勤務地 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見8962-5
勤務時間 (1)パート・アルバイト
【1】配送
 6:00〜16:00の間の4時間以上

【2】水産物の加工
 8:00〜17:00の間の4時間以上

(2)正社員
【1】営業配送
 A.7:00〜16:00(休憩60分)
 B.6:00〜15:00(休憩60分)
 C.5:00〜14:00(休憩60分)

【2】一般事務
 8:00〜17:00(休憩60分)

【3】水産物の加工
 A.6:00〜15:00(休憩60分)
 B.4:00〜15:00(休憩180分)
 C.8:00〜17:00(休憩60分)
休日 週休2日制
採用予定人数 10名
その他 電話でのお問い合わせは、「TOWTOWMI(トオトウミ)を見た」とお伝えください。
TEL/053-592-1115 担当/加茂仙逸
ホームページ https://www.ebisen.info
本サイトでの求人募集は終了しました
現在の求人状況については、掲載企業に直接お問い合わせ下さい
go to pagetop