【遠州百景に応募して当たる】オークラアクトシティホテル浜松 ペア食事券

2019.10.01

 

【第7回遠州百景フォトコンテスト 開催概要】

 

■テーマ:「遠州の秋」

■応募締切:2019年12月15日(日)

■応募方法:下の「写真を投稿する」をクリックして、投稿ページよりご応募ください。

■応募作品の条件:
(1)未発表の作品であること
(2)撮影場所が遠州地域であること
(3)合成写真ではないこと

■賞:
ーグランプリ 1点 (副賞:オークラアクトシティホテル浜松 ペア食事券 1万円分x2枚)

 ※「フランス料理」・「中国料理」・「日本料理」からお選びいただけます。
ー準グランプリ  2点(副賞:JAとぴあ浜松 柑橘類詰め合わせ)
ー佳作 数点

■発表:2020年1月中旬
※応募作品は随時、TOWTOWMIホームページおよびFacebookページにて紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

今回で7回目となる「遠州百景フォトコンテスト」。過去6回のコンテストでも素敵な作品を多数お送りいただきました。この機会に歴代のグランプリ作品を振り返ってみたいと思います!

 

まずは第1回コンテストより。2014年に開催され、テーマは「遠州の夏」でした。

 

 

グランプリを受賞した「そうだ 小京都、行こう。」(撮影:高柳隆さん)。「遠州の小京都」と呼ばれる森町にある大洞院の青紅葉を、みずみずしく切り取った1枚です。橋と階段を真正面にした構図も迫力がありますね。

 

 

こちらは第2回コンテストのグランプリ、「旅立ち」(投稿者:請井 正さん)。菜の花と桜を背景にした天浜線の車両に、春ならではの切なさを感じる作品でした。

 

つづいて、2016年夏に開催された、第3回コンテストのグランプリです。

 

 

「灯篭照らす花火」(投稿者:光永晶哉さん)は、舘山寺の花火と灯篭を一つの画面に収めた、美しい1枚。ほんのりと夕焼けに染まる空や観覧車、山影などが情緒たっぷりです。

 

同じく2016年の冬には、「今日、富士山見えるんじゃない?」というテーマのもと、富士山の遠景写真コンテストを開催しました。冬の晴れた日に遠くに見える富士山は、遠州ならではの風景ですね。

 

 

グランプリを受賞したのは、こちらの「立須峯からの富士山」(投稿者:稲田茂樹さん)。手前の遠州の山々と遠くの富士山のコントラストが見事ですね。

 

続いて、第5回コンテストのグランプリ作品は、「夏のオアシス」(投稿者:松浦嘉人さん)でした。

 

 

森町・小國神社の宮川で涼を求めて水遊びをするひとびとの様子が、何とも夏らしい光景です。見ているだけで、涼しくなりますね。

 

 

そして、2018年夏に開催された前回のフォトコンテストでは、こちらの三ヶ日の花火を撮影した作品、「夏の風物詩 花火」(投稿者:松尾哲司さん)がグランプリに選ればれました。

 

いかがでしたか?こうして振り返ってみると、本当に素敵な、そしてさまざまな遠州の風景が集まっていましたね。

 

そして、今回は遠州百景フォトコンテスト初の秋開催となります。皆さまからの遠州らしい秋の風景をお待ちしています!

 

 

【第7回遠州百景フォトコンテスト 開催概要】

 

■テーマ:「遠州の秋」

■応募締切:2019年12月15日(日)

■応募方法:下の「写真を投稿する」をクリックして、投稿ページよりご応募ください。

■応募作品の条件:
(1)未発表の作品であること
(2)撮影場所が遠州地域であること
(3)合成写真ではないこと

■賞:
ーグランプリ 1点 (副賞:オークラアクトシティホテル浜松 ペア食事券 1万円分x2枚)

 ※「フランス料理」・「中国料理」・「日本料理」からお選びいただけます。
ー準グランプリ  2点(副賞:JAとぴあ浜松 柑橘類詰め合わせ)
ー佳作 数点

■発表:2020年1月中旬
※応募作品は随時、TOWTOWMIホームページおよびFacebookページにて紹介していきます。

 

 

 

go to pagetop