1鉢からはじめる、緑のある暮らし「リビングでたのしむグリーン展」開催

2018.04.04

 

雑木の庭や地形を活かした外構を手がける、浜松市のナインスケッチさん。庭づくりを中心に、「食」や「農的な暮らし」など、さまざまな形で、自然によりそうライフスタイルの発信に力を入れています。

 

自然の植生をとりいれた雑木の庭は、見た目の心地よさはもちろん、風に揺れる枝葉の音や木漏れ日に、五感で癒されます。

 

また、夏は涼しい木陰をつくり、冬は落葉してあたたかな日差しを室内にとどけてくれるなど、住環境を快適にする機能性をそなえているのも魅力の一つです。

 

 

 

ナインスケッチさんのこれまでのストーリーはこちら

 

【第1回】「庭からはじまる、心地よい暮らし」

【第2回】「雑木の緑がつなげる街中」

【第3回】「『緑』と『農』でゆたかに暮らす」

 

そんなナインスケッチさんが、この春から新たなサービスとして、室内で育てられるグリーンの販売とコーディネートをはじめました。サービス開始にともない、414日(土)より3日間、期間限定のイベントも開催されます。

 

これまでの庭づくりで培った、植物に関する幅広い知識やノウハウを活かして、室内でも日当たりや風通しなどを考慮して、その空間に合ったグリーンを提案してくれるそうです。

 

 

 室内グリーンを担当するのは、グリーンアドバイザーの資格も持つ、スタッフの伊藤さん。

 

「庭づくりが中心の当社ですが、以前からマンションやアパート暮らしで庭を持っていない方にも、もっと手軽に緑のある暮らしの良さを知ってもらいたいと思っていたのです。当社が紹介する室内グリーンを通して、植物をより身近に感じていただけたら嬉しいですね。」

 

 

たしかに、観葉植物やサボテンなどの室内用植物ならば、鉢植え1つから手軽に始められそうです。

 

伊藤さん曰く、同じ種類の植物でも樹形や葉のかたちなど、それぞれの株によって個性があるのだそう。

 

「毎日、その植物を眺めていると、何かしら新しい発見があるのです。」

 

 

そう言って伊藤さんが見せてくれた鉢植えは、太い幹が大きく湾曲して垂れていて、なんとも不思議な樹形。でも、そのアンバランスさがかえって魅力的で、ついつい見とれてしまいます。

 

「なんでこんな形をしているのだろう、と想像するのも楽しいですし、何より愛着がわきますよね。」と伊藤さん。

 

こうした伊藤さんの思いもあり、ナインスケッチさんでは、一般にはあまり流通しないような、個性的な株を中心に紹介していくそうです。まずは1つ、お気に入りを見つけてじっくりと育ててみてほしいそうです。

 

また、植物に合わせて、作家ものの鉢も取り揃えています。陶器の鉢に入れると、さらに存在感が増し、立派なインテリアになりますね。

 

 

イベントでの展示品を含め、植物と鉢は購入可能。どちらも、すべて異なる1点モノなので、早めの来場がおすすめです。

 

ナインスケッチさんでは個別の販売のほか、新築時や引越し時、住宅の完成見学会など、空間全体でのグリーンのコーディネートサービスも受け付けているそうです。

 

「どこにどんなグリーンを置いたらいいか分からない」という方も、最初はプロの目でコーディネートをしてもらい、徐々に自分好みにアレンジしていくのも、また楽しそうです。

 

コーディネートサービスの詳細については、ナインスケッチさんにお問い合わせください。

 

 

毎日の暮らしに、小さな癒しを添えてくれるグリーン。新しい季節を迎えるこの時期、お好みの1鉢を探しにナインスケッチさんのイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

【Living with Green リビングでたのしむグリーン展】

 

【概要】

 

観葉植物やサボテンなどの室内で育てられる植物や陶器の鉢を展示いたします。展示品は購入可能です。

 

【開催日】

 

2018年4月14日(土)〜16日(月)

 

【時間】

 

10:00〜17:00

 

【会場】

 

株式会社ナインスケッチ 本社事務所(〒435-0056 静岡県浜松市東区小池町1141)

 

【お問い合わせ】

 

[メール]contact@9sketch.com

 

[TEL]053-435-1235

 

【アクセス】

 

go to pagetop