【雑木の庭・地形を活かした外構デザイン】相談会開催!

2017.09.13

雑木の庭や地形を活かした外構を手がける、浜松市のナインスケッチさん。

 

最近は、庭づくりだけにとどまらず、「食」や「農的な暮らし」など、自然によりそうライフスタイルの発信にも力を入れています。

 

ナインスケッチさんのこれまでのストーリーはこちら

 

【第1回】「庭からはじまる、心地よい暮らし」

【第2回】「雑木の緑がつなげる街中」

【第3回】「『緑』と『農』でゆたかに暮らす」

 

 

今回は、これまで多くの庭や外構のデザインを手がけてきたナインスケッチさんが、雑木の庭や外構デザインについて、具体的にアドバイスをしてくれる相談会を開催。

 

近いうちに新築住宅を建てるご予定の方や、庭のリフォームをされたい方、庭や外構についてお悩みの方に、特におすすめの相談会です。

 

 

「雑木の庭」は、樹種の組み合わせや配置を自然の森林環境に近い状態にすることで、自然の中にいるような心地よさを体感できる空間です。

 

ナインスケッチさんでは、木々が健康に育つために重要な土中環境(土中の水と空気の通り道)の整備も含め提案してくれます。庭が完成した時はもちろん、年月とともに、少しずつ変化していく空間を楽しめます。

 

 

外構については、建物の配置や周囲の環境、敷地の高低差などを読みとり、地形を活かしながら、自然素材を組み合わせて作り上げていくのが特徴。たとえば、通常はコンクリートを打って固めることが多い「土留め」も、石積みや植栽を用いることで、土を安定させています。

 

石や木、鉄など、自然素材そのものの色や風合いは、雑木の庭との相性もぴったりですね。

 

 

「素材の質を落とすのでなく、プランニングを工夫することで、費用を抑えることもできます。」とナインスケッチ代表の田中さん。プランは全て、手描きのスケッチでイメージを膨らませながら作っていくそうです。

 

相談会の会場となるのは、菜園付き分譲地・ハーベスト豊沢。袋井市郊外ののどかなエリアにあるこの分譲地は、ナインスケッチさんがランドスケープのプランニングと施工を手がけました。

 

 

従来の分譲地とことなり、雑木が植えられた緑ゆたかな共有地や菜園をそなえ、自然や四季の移り変わりを身近に感じる暮らしを実践できるのが、大きな魅力です。

 

相談会では、図面や敷地、建物の写真などを持参すれば、より具体的なプランについてご相談いただけるとのこと。また、家を建てる際に、庭や外構はついつい後回しになりがちです。他社で見積もりをして予算オーバーだった、という方にも、ぜひ足を運んで欲しいそうです。

 

 

 

家の見学会はよくありますが、庭や外構を見学できる機会はなかなかないので、この機会に実際に木々に触れ、その心地良さを体感してみてください。

 

 

 

【雑木の庭・地形を活かした外構デザイン】相談会

 

【開催日】

2017年9月23日(土)・24日(日)

 

【時間】

10:00〜17:00

 

【会場】

ハーベスト豊沢(〒437-0032 静岡県袋井市豊沢1032)

 

【ご予約】

具体的なご相談をされたい方は、お時間を確保するため、必ずご予約ください。

(株)ナインスケッチ宛にメールまたはお電話にてご連絡ください。

 

[メール]contact@9sketch.com

[TEL]053-435-1235

 

※見学はご予約なしでも可能です。

※工務店関係者や設計事務所の方のご参加も歓迎いたします。

 

 

【アクセス】

 

go to pagetop