機織り工場跡に遠州織物のブランド【HUIS(ハウス)】のショールームがオープン!

2017.08.24

遠州織物を使ったシンプルで上質な服づくりを手がける「HUIS(ハウス)」が、 2017年7月、浜松市⻄区入野町に直営ショールームをオープンしました。

 

2013年にブランドを立ち上げて以来、県内外でのイベント出店に加え、最近は地元・浜松の百貨店でも取り扱われるなど、着実に支持をあつめています。

 

 

家族お揃いで着られるシャツや、天然の染料で染め上げたストールなど、どのアイテムも素材感とデザインにこだわりながらも、シンプルで長く着られるのがHUISの魅力です。

 

HUISのこれまでのストーリーはこちら

 

【1回目】暮らしによりそう、地域のブランドに
【2回目】遠州織物、未来のかたち

 

 

ショールームのオープンは、7月7日の「七夕の日」。実は、遠州織物にゆかりの深い三ヶ日町の「初衣神社(うぶぎぬじんじゃ)」は、七夕で有名な織姫さまをまつる神社です。

 

この織姫様への感謝の気持ちを込めて、七夕の日をオープン日に選んだとのこと。3日間にわたるオープニングイベントは、たくさんの人で賑わいました。

 

 

ショールームがあるのは、機織り工場跡をリノベーションした建物。以前からここにショップを構えるグリーン&インテリア【Rust(ラスト)】の「インショップ」として、Rustが運営をしています。

 

この辺りはかつて、機織り工場が多く立ち並んでいたエリア。今では、そのほとんどが廃業してしまいましたが、遠州織物生産の中核を担う場所でした。HUISは、遠州織物を扱うブランドとして「地域と伝統産業の今と昔をつなぐ役割を果たしたい」という想いから、この場所でのショールームオープンを決めたそうです。

 

 

Rustが取り扱うグリーンやインテリア雑貨と、HUISのアイテムがバランスよく並んだ店内。カーテンや試着室の布などは遠州織物を使い、白を基調とした色使いにすることで、HUISの世界観を表現しているそう。そこにいるだけで、ゆったりとした気分に浸れそうですね。

 

 

RustとHUISはそれぞれ別のものを扱っていますが、「ライフスタイルを提案する」という点では同じ。こうした共通点もあり、今回のショールームオープンが実現しました。

 

こちらでは、HUISの全商品(※欠品中のものは除く)が揃っているのはもちろん、カードケースやパスケース、アーティストとのコラボ商品など、ショールーム限定の商品もあるそうです。

 

 

大通りからは奥まっているので、場所は少し見つけにくいですが、たどり着いてみると、広々とした敷地に雰囲気のある建物があらわれます。ちょっとした「隠れ家」を探しにいくつもりで、ぜひ足を運んでみてください。

 

「直営ショールームをとおして、伝統産業を現代の新しい形で伝える、作り手ならではの提案をしていきたい」というHUIS。この夏は都内の百貨店へ出店するなど、全国での知名度も上昇中。今後の展開にも、注目したいですね。

 

 

 

■HUIS(ハウス)ショールーム

グリーン&インテリア「Rust」内

住所:浜松市⻄区入野町 180-1 

営業時間:10:00〜17:00

定休日:木・金曜日

TEL:053-440-5139

 

go to pagetop