遠州ブランドスピリッツ

STORY

著名人も愛用する、浜松のものづくり

2019.03.18
■レポート/有限会社オグショー 

アウトドアの遊びに合わせて1BOXカーをカスタマイズする、トランポ専門店のオグショーさん。実は、多くの著名人の愛車を手がけていることをご存知ですか?その一人が、俳優の伊勢谷友介さんです。今回は伊勢谷さんのトランスポーター製作秘話を、伊勢谷さんご本人のコメントやオグショースタッフへのインタビューとともに紹介します。

【第1話】

伊勢谷友介さんのトランポ製作秘話 【前編】

偶然の出会いから生まれた、世界に一台だけの車

俳優・映画監督、そして実業家としても活躍されている伊勢谷友介さん。代表をつとめるREBIRTH PROJECT(リバースプロジェクト)では、新たなビジネスを通して社会や環境問題を見つめ直す活動を続けるなど、その生き方や社会との関わり方が常に注目を集めています。

■伊勢谷友介さんオフィシャルウェブサイト
https://www.iseyayusuke.jp/
多方面でのご活躍で、とてもお忙しそうな伊勢谷さんですが、プライベートではバイクやスノーボードを楽しんでいらっしゃるそう。愛車もアウトドアの道具を積むためにカスタマイズされています。

モスグリーンの車体や丸いライトがおしゃれなこちらの車、実はオグショーさんがカスタマイズを手がけたものなのです。
伊勢谷さんがオグショーさんを知ったのは、福島県いわき市にあるモトクロスのコースで、オグショー代表の小栗さんと知り合ったことがきっかけ。

「以前からカスタムカーを作るなら、お友達になった方にお願いしたいと思っていました。と、同時に会社の理念にも共感でき、ぜひ頼みたいと思いました。」(伊勢谷さん)

こんな風に、偶然の出会いからご縁がつながり、トランポづくりが実現したのです。
こうして2017年2月に、浜松にあるオグショーさんの工房にて、伊勢谷さんのトランポ製作が始まりました。

やりとりを重ね、「こだわり」を形に

担当をされた、営業スタッフの松本さんにお話をうかがいました。

「バイクとスノーボードの道具が積めるようカスタマイズをされたい、というのが基本的なオーダーでした。それに加えて、伊勢谷さんから『こんなイメージにしたい』という写真をいくつか送っていただいて、そこから具体的なパーツや装備の提案をさせていただきました。」
実際に伊勢谷さんから送られてきた写真を、見せていただきました。丸みのあるディテールは、すこしレトロで、どこかかわいらしい顔つきです。

アートやデザインにも造詣の深い伊勢谷さん。松本さんとやりとりをしながら、積極的に情報収集をされていたそうです。
「カタログやシートのサンプルなどを伊勢谷さんにお送りして、実際に質感や色味を確認してもらいながら、決めていきました。連絡は主にメッセンジャーだったのですが、毎日メッセージを送り合って、ちょっと話が煮詰まってくると、伊勢谷さんから電話をかけてくださいました。僕自身、そのやりとり自体も、楽しませてもらいました。」と、松本さん。

パーツの取り付け時にも、松本さんが取り付け位置を撮影した画像を、伊勢谷さんに送ったりしたそうです。
「私は東京在住でオグショーさんは浜松にもかかわらず、松本さんがていねいで迅速に対応してくださるので、本当に助かりました。」(伊勢谷さん)

オグショーさんでは、遠方で直接来られないお客さまには、普段からこうして製作工程を共有しているとのことです。
製作を担当した中村さん。松本さんからの情報を元に、床やシートの設置をはじめ、さまざまなパーツの取り付けをしたそうです。

「テーブルなども、オグショーのオリジナルパーツを、部分的に色を変えてアレンジして取り付けました。オーダーの内容から、伊勢谷さんの色へのこだわりが感じられて、出来上がりが楽しみでしたね。」と、中村さん。
こうして、約1ヶ月の製作期間を経て、伊勢谷さんのフルカスタマイズ・トランポが完成しました。

つづく

■PROFILE

有限会社オグショー

1BOXカーなどを改装し、ベッドや荷台などを装備した「トランスポーター」を製造・販売。アウトドアでの機能性と快適性を追求し、さまざまな趣味を楽しむ人たちをサポートしています。手軽に購入したい方のために基本性能を選ぶスタイルから、自分仕様にこだわるフルオーダーまで、お客さまに合った一台を制作。ネットショップでのパーツ購入も可能です。

■ホームページ:https://www.ogushow.co.jp/

go to pagetop