三ヶ日のみかん

2014.12.03
【第3話】

おいしい食べ方

最後の1つまでおいしく。みかん保存の「こつ」

冬のお供・みかんは、いつでも欠かさず家にあると嬉しいですね。カゴに入れて食卓に置いておけば、食後やお茶の時間に、自然と手が伸び、暖房の効いた室内で乾燥しがちの季節に、喉を潤してくれます。箱などでまとめ買いしたら、冷蔵庫には入れず、風通しの良い涼しい場所で保管すると、新鮮なまま長持ちするのだそう。

常温での保存は数週間ですが、みかんを冷凍保存すれば、より長持ちします。まずはみかんをきれいに洗い、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。金属トレイに載せて、軽くラップをかぶせ、冷凍庫に入れます。凍ったら取り出し、さっと冷水にくぐらせ、再び冷凍庫へ。みかんの表面に氷の膜ができたら完成です。フリーザーパックに入れ、そのまま冷凍保存すれば、1〜2ヶ月は大丈夫。食べる時は、自然解凍してください。

浜名湖産黒鯛と水菜のサラダ みかんドレッシング和え

酸味と甘味のバランスが良いみかんは、レモンなど他の柑橘類同様、白身魚と合わせると、味のアクセントになります。みかんと水菜、浜名湖産の黒鯛を使った、サラダのレシピをご紹介します。

水菜は水洗いして、5cm程度に切り、水にさらします。刺身用の黒鯛(なければ他の白身魚)をスライスします。ボウルに、みかん1個分の果汁を絞り、レモン汁大さじ1程度と適量のオリーブオイル・塩・あらびき黒コショウと混ぜ合わせます。ボウルに水菜と白身魚を加え、さっと混ぜ合わせて出来上がり。彩りにスライスしたみかんの果肉を添えても◎。みかんのさっぱりとした甘味と水菜の歯ごたえが楽しい一皿です。


go to pagetop