次郎柿

2014.11.05
【第3話】

おいしい食べ方

固いうちの歯ごたえと熟したあとの舌触りを楽しむ。

採りたての新鮮な柿が手に入ったら、まずはその歯ごたえを楽しんでみてください。しゃきしゃきとして、意外とさっぱりした味。柿園の農家さんいわく、皮ごと食べるのもおすすめだとか。
?
少し熟してきたら、ねっとりとした舌触りも楽しめます。生で食べるだけでなく、半分に割ってオーブンで焼いても美味。さらに熟して実が崩れるほどになったら、煮詰めてジャムやペーストにしてみるのも手です。

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、栄養豊富なくだものです。ビタミンやカロチン、タンニンなどが豊富ですが、中でもビタミンCは、柿1個で一日の必要量をまかなえるほど。晩秋から初冬にかけて、体調を崩しやすい時期に、頼りになるくだものです。

冬の初めに、かぶと和える。

くだものの中でも酸味の少ない柿は、野菜と一緒にレモンをきかせたマリネなどにすると好相性です。柿がちょうど最盛期の頃に出回り始める小かぶとのマリネは、秋と冬の狭間の、移り変わる季節を味わうのにぴったり。
?
作り方はいたって簡単です。柿と小かぶをスライスし、かぶに適量の塩をまぶします。かぶがしんなりしてきたら、塩加減を確認してください。塩が強い場合は、水にさらして味を調整します。柿を加え、こしょう、レモン汁、オリーブオイルでさっと和えます。さっぱりとした味わいは、白ワインや日本酒と好相性です。

次郎柿を買うなら、ここ。

足立柿園

次郎柿の産地・大平でも指折りの柿園。柿園前で柿の販売をしているほか、インターネットでも購入可能。柿狩りも行っているので、家族みんなで楽しむことができます。

住所:〒434-0005 静岡県浜松市浜北区大平938
TEL: 053-589-8984
http://www.adachi-kakien.com/

go to pagetop