エシャレット

2014.06.18
【第3話】

おいしい食べ方

シンプルに、生エシャレットに味噌を添えて。

新鮮なエシャレットを楽しむには、生で食べるのが一番。味噌を添えて食べるのが定番です。ぴりりとした辛みとシャキシャキとした歯ごたえは、採りたてならでは。お酒のお供に、うれしい一品です。

また、浅漬けにしたエシャレットは、生に比べて少しマイルドになるので、辛みが苦手な方にも食べやすい味です。前の晩に漬けておけば、翌日の朝ご飯には、ちょうどいい頃合いに。

いろいろな食材と和えて楽しむ。

エシャレットを使った和えものは、エシャレットが味のアクセントになり、いつもとはひと味違った味わい。新鮮なエシャレットは、葉の部分も刻んで食べることができます。またマヨネーズで合えれば、ぐっと洋風になり、パンにも合います。エシャレット農家の村井さんから、手軽に作れる和えものレシピを教えていただきました。


【エシャレットのツナマヨサラダ】
エシャレットは根と葉の部分を小口切りにします。油を切ったツナ缶、缶詰の粒コーン、マヨネーズで和えます。最後にプチトマトを飾り、できあがり。

【エシャレットの子持ちこんぶ和え】
エシャレットは根の部分を斜め切りに、葉の部分は2cm程度に切ります。佃煮の子持ちこんぶを和えて、味がなじむまで寝かせます。

【エシャレットのなめ茸和え】
葉の部分まで小口切りにしたエシャレットと、白ごま、なめ茸(瓶入りのもの)をそれぞれ適量、さっと混ぜ合わせてできあがり。



go to pagetop