【ちょい旅その14】宇津山城址(湖西市)

2015.04.15

〜浜名湖を望む城址を彩るミヤマツツジとソメイヨシノ〜

 

春爛漫のこの時期、いかがお過ごしでしょうか。と言っても、今年はなんだか雨に泣かされますね。春といえば、温暖な遠州地方では2月から5月にかけて様々な草木の花が満開を迎え、各地で花見などを楽しむことができるのも魅力のひとつですよね。

 

湖西市のトキワマンサク群落、森町の太田川桜堤、旧春野町の岩岳山のアカヤシオ、旧豊田町の熊野の長藤などなど、花の名所は両手でも足りないぐらいあります。皆さんもお気に入りのお花見スポットをお持ちではないでしょうか。

 

そんな中から、ちょっと穴場的な素敵スポット「いいとこまんじゅう」として今回紹介するのは、湖西市入出地区、浜名湖に飛び出た半島にある戦国時代の城跡「宇津山城址」です。こちらではなんと、運が良ければミヤマツツジの赤紫色、ソメイヨシノの白、そして浜名湖の青と3つの色が同時に楽しめるのです!さて、過去の取材時は何かと天候に恵まれない機会が多いのですが今回は如何に?早速、宇津山城址を目指します。

 

宇津山城址のある湖西市入出地区へは、国道1号浜名バイパス、または東名高速道路三ヶ日インターチェンジより、国道301号を経由して向かいます。国道301号から市道に入ってからは少しルートがわかりづらいので、ナビのある方は「正太寺」で検索されるとヒットするかと思います。今回訪れたのは4月初旬。雨は降らなかったのですが残念ながら晴天ではありませんでした。やはり取材の日は天気に恵まれないようです・・・しかし、宇都山城址のある山のふもとの寺院「正太寺」に到着したら、ちょうど駐車場のソメイヨシノが満開で、少し気分が明るくなりました。

 

 

満開のソメイヨシノをしばし楽しみ、宇津山城址へ登るために正太寺を目指します。正式名称は曹洞宗宇津山正太寺、遠州三十三観音霊場の二十五番札所でもあります。正面入り口の庭園風の立派な石積みの上で猫が迎えてくれました。

 

 

本堂脇を左に抜けると、宇津山城址散策コース入口の看板があります。ここから斜面を登って宇津山城址を目指します。この斜面にミヤマツツジが群生しており、3月上旬から4月上旬にかけて満開を迎え、辺り一面を埋め尽くす赤紫色の花が楽しめます。

 

 

さて、今日のミヤマツツジの咲き具合はというと・・・先週からの雨もたたってだいぶ散っており終わりかけでしたが、まだまだ花をたくさんつけている株もあり、ソメイヨシノとの共演を楽しむことが出来ました。1週間前ならもっときれいだったかな。

 

 

 

斜面を中腹まで登り、振り返ると眼下には美しい浜名湖が・・・この日は真っ白で何も見えませんでした、がっくし。天気が良ければ遠く遠州灘まで眺めることが出来ますので、是非天気の良い日に訪れることをお勧めします。

 

 

そして、登り始めて15分ほどで宇津山城址に到着します。石垣等があるわけではなく、当時の土塁や、館があったであろう平地が少しあるぐらいで、正直どんな城だったのかは想像がつきません。なお、宇津山城は今川氏の家臣が建てた城で、徳川軍に攻め落とされたと伝わっております。

 

 

帰りがけに、1株だけまだ満開に近いミヤマツツジを見つけ、後ろに見えるであろう浜名湖の景色を想像しつつ、少し立ち止まって眺めました。

 

 

来年もまた来るでね。

 

 

【施設情報】
名称:宇津山城址(正太寺)
所在地:静岡県湖西市入出地内
アクセス:
東名 三ヶ日I.Cより国道301号経由 所要時間約20分
位置図:

COLUMNIST

Toshihiro Suzuki

バイク・トレッキング・日帰り温泉巡りを、こよなく愛する地方公務員の30代男子。遠州地域の国道を全てバイクで走破し、遠州の隠れスポットに関する情報量は桁違い。

go to pagetop