遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.136「浜名湖の秋は3種類の地エビの季節」

2021.09.13

 

浜名湖の幸が水揚げされる早朝の雄踏市場・鷲津市場に、秋エビの季節がやってきています。

 

浜名湖はエビの宝庫。初夏からはじまるサイマキ(細巻:天然クルマエビ)や、ボソエビ(ヨシエビ)の季節は夏まで。秋には写真のアカアシエビの季節がはじまっています。

 

浜名湖の地エビとして愛されるアカアシエビは、クルマエビより殻がやわらかく、茹でて美しく、10月からはじまる浜名湖畔の町の秋まつりのご馳走として珍重されています。この時期に最も獲れています。

 

 

夏までサイマキと競うように育ちながら水揚げされたボソエビ(種名はヨシエビ)は、サイマキ(クルマエビ)よりやや殻が硬いエビですが、同様に天ぷらなどで楽しめる庶民エビです。

 

浜名湖の市場では高価なサイマキは、料理屋さんなどプロのもとへ、ボソエビは一般家庭で楽しむエビとして使われています。秋になってその二番子が育ちはじめています。

 

まだ小さい今はこのまま素揚げして楽しむことができます。

 

 

浜名湖最大の大きさに育つクマエビ(種名:ウシエビ)も秋に育ちながら水揚げされています。クマエビは浜名湖に棲むブラックタイガー種のエビといわれ、30センチほどにも成長します。

 

大きいことからやや硬いものの、大エビのフライやサラダなどに混ぜてもおいしいエビです。このエビをアウトドアに持ち出し、豪快にBBQで楽しむという方法もあります。

 

浜名湖の秋は三種類の地エビの季節。

 

広く流通するほどの量でもないことから美味しさを知る人、浜名湖周辺でのみ楽しまれています。見つけましたらお召しあがりください。

 

※取材協力:浜名漁協雄踏支所 海老仙

 

■資料提供:南浜名湖あそび隊!

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop