遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.134「浜名湖マハゼ・ハゼのオスメスは顔で見分ける」

2021.08.23

 

南浜名湖は海の産地。全国でも珍しい海につながる浜名湖は、潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。

 

浜名湖の秋の風物詩のひとつに、どの岸から、どの日だまりの防波堤からも竿を出すハゼ釣りがあります。

 

風がこないポカポカな土手に陣取ってハゼと戯れ、帰ったらおいしい天ぷらを楽しむ浜名湖の楽しみのひとつです。

 

 

盛んなハゼ釣りも、冬の訪れと共に釣れなくなるのは、ハゼたちは深みに移動するからです。

 

釣れなくなれば今度は、浜名湖伝統の小型定置網に入るようになるハゼが、雄踏(ゆうとう)港市場に揚がりはじめます。

 

育ち大きくなったハゼは、刺身でフライで楽しまれ、中型は天ぷらで、小さなものは、浜名湖名物の佃煮用として、名店に卸されていきます。

 

ハゼにもオスとメスがありますが、その見分け方を漁師さんに教えていただきました。

 

鼻先が丸いのがメス、鼻先が平らでゴツイのがオスだそう。教えてもらえばハゼを見る時にオスだメスだという楽しみが加わります。 

 

浜名湖のハゼの水揚げは伝統漁の漁期、来年の1月半ばまで続きます。

 

鼻先に違いのあるハゼ。スーパーなどで見かけたら、オスかメスかを見分けてみたいですね!

 

※取材協力:浜名漁協雄踏支所 雄踏港の漁師さん

 

■資料提供:南浜名湖あそび隊!

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop