遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.117「浜名湖の牡蠣の季節がはじまりました!」

2019.11.22

 

遠州灘の地魚揚る舞阪漁港から活マダイのタイ網漁、アカザエビなどの底曳き漁が出漁しています。

 

浜名湖の雄踏・鷲津市場には、連日、豊漁の浜名湖ドウマンが揚がっています。

 

浜名湖の牡蠣の季節のはじまり。全量手剥きの加熱用牡蠣の入荷が始まりました。

 

水にさらす時間が短く、栄養たっぷりなままの大粒をお楽しみいただけます。

 

 

浜名湖ドウマンのメスは豊漁。熟れてズシリと思くなり、内子・ミソとも濃厚なドウマン、今が食べ頃です。

 

 

舞阪に揚がる遠州灘天然とらふぐを活かしています。活フグで、活け〆で身欠きも、召し上がる日に合わせた加工をしております。

 

 

舞阪漁港のタイ網漁に混獲される天然イシダイを活かしています。活発で生け簀を泳ぎまわるクチグロことイシダイ、刺身用にご利用ください。

 

活き〆め・血抜き・神経抜きしてお届けします。

 

 

こちらは、昨日鷲津で揚ったヒラメの写真ですが、毎朝雄踏・鷲津に揚ります活ヒラメ、ぶ厚く育っています。

 

毎朝生け簀に入ります。

 

 

同じく毎朝水揚げされる浜名湖の活マゴチを数揃えて生け簀に入れています。美しく透き通る刺身用でご利用ください。

 

 

北海道の氷〆天然ブリは、毎朝産地から厳選して入れています。10キロを超えるブリを節にして軽く真空をかけてお届けします。

 

 

今朝は千葉から入れています釣りタチウオ、この大きさを数入れてお届けしています。

 

たっぷりと大きなタチウオ、刺身でさまざまにご利用ください。

 

 

同じくサワラも千葉の釣り物を入れています。天然ブリ・天然サワラが毎朝揃います。

 

 

北海道の新サンマは、美しく、大きなものを毎朝入れています。

 

 

浜名湖に多いカニ・エビをエサに育つことから味が濃いと人気をいただいています浜名湖のマダコは、キロ越えの大物を生け簀で活かしています。

 

 

クリーミーな食感と味を楽しみたいタラの白子、毎朝の入荷安定しています。タチポンでお楽しみください。

 

気温がぐっと下がり、温かい料理が恋しくなるこの季節。地元産の魚介類がたっぷりの鍋料理を楽しみたいですね!

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:https://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:https://ebisen.hamazo.tv/

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop