遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.115「雄踏市場ではヒラメやマゴチなどが水揚げ!」

2019.11.06

 

雄踏市場の水揚げ状況をご紹介いたします。

 

まずは、ますます増えているのが浜名湖の活ヒラメです。

 

エサが豊富な浜名湖は、天然ヒラメの産地。この時期でも、この厚さを持つ活ヒラメが毎朝揚ります。

 

 

秋の深まりと共に活魚が多く揚る雄踏市場。

 

セイゴからマダカ、スズキまでが数揚り、ヒラメはもちろん、写真の活マゴチも数揃いだしています。

 

遠州灘への出漁がない日は、生け簀に活かす浜名湖ものの活魚にご期待ください。

 

 

秋の深まりのこの時期は、浜名湖ドウマンのメスが多く揚るシーズンとなります。

 

内子が期待できる秋のドウマン、オスももちろん揚がっています。

 

 

浜名湖のガザミがズッシリ重く充実してきています。

 

最後の脱皮を終えて、身が詰まってゆく秋のガザミは、数揃います。逸品にご利用ください。

 

 

今朝水揚げされたのが、なんと1.5kgのアミメノコギリガザミです。記録級の大きさです。

 

浜名湖もの充実する秋、そろそろマハゼが揚がりだしています。

 

浜名湖の秋の味覚を堪能したいですね!

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:https://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:https://ebisen.hamazo.tv/

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop