遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.113「浜名湖の珍しいカニ・カイカムリをご紹介」

2019.10.23

 

南浜名湖は海の産地。全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の満ち干を利用して海の魚や生き物が行き来し育つ、海ともいえる湖です。

 

浜名湖伝統の小型定置網「角立て網(かくだてあみ)」での水揚げが多く集まる早朝の雄踏市場で、珍しいカニを見せていただきました。

 

全身毛に覆われたようなカイカムリです。特徴的な赤いツメを持つカイカムリはその名のとおり、二枚貝の殻を被って身を隠しています。

 

 

こちらは以前撮影した一枚。短い脚の一対が甲羅側を向いています。この脚で起用に貝を甲羅に背負うのが特徴です。

 

漁師さんに聞けば、漁の対象とはならないため水揚げすることは珍しい(混ざって揚った場合など)そうですが、浜名湖の砂底にいるのをみかけるといいます。

 

 

こちらは珍しいというほどではありませんが、コノシロ網(刺し網)などにかかるメガネカラッパです。

 

ご覧のように左右のツメの大きな黒丸がメガネのよう、そこでメガネカラッパという名になったのでしょう。

 

じつは左右のツメはそれぞれの役割を持ち、右ツメで巻貝の殻を割りながら尖って長い左ツメでその身をほじりだして食べています。

 

豊かな浜名湖には漁の対象でないさまざまなカニが棲んでいます。

 

普段なかなか目にすることのない、生き物たちがたくさん生息してるのですね。

 

■資料提供:南浜名湖FISH&TIPS

■取材協力:浜名漁協雄踏支所 漁師のショージさん:浜名湖生き物みつけ隊!

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop