遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.109「クマエビやワタリガニなど浜名湖ものが勢揃い!」

2019.09.25

 

 

遠州灘ものはもちろん、浜名湖の地魚・地エビ・地ガニは、雄踏・鷲津市場に揃います。

 

まずご紹介する浜名湖の活魚は、活マゴチと活ヒラメ。毎朝市場から入荷しています。

 

冬が旬のヒラメですが、エサが豊富な浜名湖は、すでに厚みたっぷりの大物。使いやすい大きさが揃っています。

 

 

浜名湖は秋エビが豊かな季節。

 

水揚げの中心となるアカアシエビは、すでに最大の大きさとなり、水揚げも増えています。

 

刺身で楽しめるアカアシエビは、この季節一番のオススメです。秋まつりのご馳走としてもご手配ください。

 

 

育てば30センチを超える、浜名湖最大のエビといえば「クマエビ」。大エビ料理にさまざまな料理でいただけます。

 

ブラックタイガー近似種のため、味もよくオススメです。毎朝入荷しています。

 

 

夏に活動が活発となり、水揚げされる巨大なツメを持つ浜名湖ドウマンのオスが揃っています。

 

 

育てばキロに迫る大ガニがオスドウマンは、大きさ別に活かしています。

 

 

秋から内子が期待できる浜名湖ドウマンのメスもすでに登場。大きなものも数見られるようになりました。

 

ツメはオスより小さいものの味わいが楽しみです。

 

 

メスも育てばオスほどに大きくなります。今年は早めのメスが水揚げされ、数揃えています。

 

 

9月いっぱいで遠州灘もの(舞阪)の漁期は終わるガザミ(ササガニ:ワタリガニ)は、浜名湖ものが数多く揚っています。

 

 

ガザミより数が揚がるタイワンガザミ(写真は小さめのメス)は、さまざまな大きさ揃います。ガザミよりお手頃価格です。

 

食欲の秋には、地元のお魚をたくさんいただきたいですね!

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:https://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:https://ebisen.hamazo.tv/

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop