遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.108「浜名湖ドウマンやガザミ、アカアシエビが水揚げ!」

2019.09.18

 

遠州灘の地魚揚る舞阪漁港では、シラス漁や活マアジ・マダイのタチアジ漁、アマダイ漁、アカムツ漁が出漁中です。

 

まずは浜名湖の地魚・地エビ・地ガニが揚がる雄踏市場の水揚げ状況をご紹介します。

 

今年は水揚げが遅れていたガザミ(ササガニ:ワタリガニ)が大きく育って水揚げが始まっています。

 

 

浜名湖の秋エビを代表する「アカアシエビ」が、今年は早めに大きく育ち、水揚げが増えてきています。

 

サイマキ(天然クルマエビ)より柔らかく、刺身でも楽しめる美しい秋エビ。今年は早めの登場充実です。

 

 

先週から水揚げが増えてきているのが浜名湖の地エビ、ボソことヨシエビです。

 

夏にも一度大きく育ったものが水揚げされていましたが、二番子が現在育ちながら水揚げされています。

 

唐揚げやかき揚げにぴったりの地エビをぜひご堪能ください。

 

 

浜名湖の活魚も秋に向かい、ヒラメ、セイゴからスズキ、クロダイ、マゴチなどが揚っています。

 

今後さらに充実していきます。

 

 

夏にオスが多く水揚げされた浜名湖ドウマンは、早くも秋に多いメスが混ざっての水揚げとなっています。

 

連日よいものが数多く揚っています。

 

ガザミとは違う濃厚な味のドウマンをお楽しみください。

 

夏の暑さが少しずつ和らぎ、これから味わえる秋の味覚が楽しみですね!

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:http://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:http://ebisen.hamazo.tv

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop