506個のじゃがりこで作る「じゃがりこアート」がAnyで展示中!

2018.10.29

 

浜松駅近くにあるコミュニティスペース【Any(エニィ)】で、じゃがりこのパッケージで制作する「じゃがりこアート」が展示されています。

 

10月23日の「じゃがりこの日」にちなんでチャレンジした今回の企画で、一体何を制作したのでしょうか。

 

早速見に行ってきました!

 

 

浜松駅から歩いて5分のAnyは、仕事や勉強に集中できる場としてだけではなく、利用者同士が交流するコミュニティスペースとしても利用されています。

 

また、会議やセミナーのほか、展示や販売などさまざまな用途で利用できるスペースです。

 

白を基調とした内装は、広々と開放感があり、ふらりと立ち寄りやすい雰囲気です。

 

中央の展示スペースにじゃがりこアートを発見。

 

 

じゃがりこアートで制作したものは、浜松市のシンボルである市章でした!

 

506個のじゃがりこを使い、2日間、約10時間かけて制作されたそうです。

 

 

じゃがりこアートは、青と緑、ピンク、白(ピンクのじゃがりこのバーコード部分)の4色を使用。

 

近くで見ると、パッケージが色ごとにきれいに並べられています。何度も失敗し、試行錯誤の末、やっと出来上がったそうです。

 

接着剤などを使わず、ただ置いてあるだけなので、倒れないか心配になりましたが、適度に圧をかけてるので、そう簡単には倒れないと思いますよ、と担当の方がおっしゃっていました。

 

 

撮影が可能なので、SNSで投稿される場合はこちらのハッシュタグをつけてみてください。

 

 

ストックされているじゃがりこを使った「じゃがりこプール」がAnyの一角にあります。

 

 

普段なかなか、こんなに多くのじゃがりこを見ることがないので、記念に写真に収めたいですね。中央に立って、撮影も可能だそうです。

 

 

21段22列のじゃがりこアートは、近くで見ると圧巻です。

 

 

こんなにじゃがりこの画像を見たら、じゃがりこが食べたくなってきた!という方におすすめの情報をご紹介。

 

LINEの「はままちコンシェル」に友だち追加すると、じゃがりこ1個かPクーポン100円分がプレゼントされるそうです。ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

じゃがりこアートは、来年の1月末まで展示しているそうなので、街なかに来た時は立ち寄ってみてください。

 

 

制作の様子はこちらの動画で楽しめます。

 

Any(エニィ)

 https://www.any-h.jp/

 

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop