遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.60「秋の浜名湖はワタリガニが豊漁!」

2018.10.04

 

浜名湖の地魚・地エビ・地ガニが揃う早朝の雄踏市場の水揚げ状況と旬のオススメをご紹介いたします。

 

浜名湖のどの岸からも楽しめるハゼ釣りの季節。漁の網にかかるマハゼも育ちながら水揚げされています。

 

このカゴは23cm径、かなり大きなものが揃うようになりました。肝を添えた刺し身や洗いに、もちろん天ぷらで楽しめます。

 

 

浜名湖は秋エビの季節。最も多く水揚げされるのがボソエビ(ヨシエビ)。そして浜名湖畔の町々の秋まつりのご馳走として欠かせないアカアシエビが水揚げされています。

 

写真は浜名湖最大に育つクマエビ(種名はウシエビ:ブラックタイガー近似種)です。

 

かなりの大エビですが刺し身や大エビのフライ、サラダなどに混ぜてもお楽しみください。現在水揚げが盛りとなっています。

 

 

浜名湖の秋はワタリガニの季節でもあります。写真は人気のガザミ(ササガニ)です。

 

すでに最大サイズに育ったものから中サイズまで数が揃うようになっています。他に青紫色の甲羅を持ちアオガニとも呼ばれるタイワンガザミも豊漁です。

 

 

浜名湖の活魚はクロダイ・マゴチ・ヒラメ・イシガレイなど、そのほかに写真のような小魚も揚がっています。上からカマス(アカカマス・本カマス)、ヒラスズキのセイゴ(幼魚)、タカノハダイです。

 

季節が変わり、いよいよ秋本番。今しか食べられない浜名湖の海の幸を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:http://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:http://ebisen.hamazo.tv

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop