遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.58「秋漁でにぎわう舞阪漁港」

2018.09.19

 

秋漁フル出漁となった舞阪漁港は活マアジのタチ・アジ漁、底曳き漁にアマダイ・アカムツ漁が出漁し、舞阪漁港が賑わいました。

 

来月10月1日からはいよいよトラフグ漁が解禁となります。現在アマダイ漁や刺し網漁、かつを漁を行っている船が転換するため、アマダイ漁や刺し網漁は今月末までとなりそうです。

 

キロに近いサイズが揚がったアマダイが揃っています。

 

 

タチ・アジ漁には多くはありませんがサワラが揚がります。舞阪漁港のサワラはタチアジ漁、10月半ばからのタイ網漁や年末の曳き縄漁などでも揚がります。

 


こちらは、タチアジ漁のマダイ、カマス(アカカマス)とアマダイです。

 

 

こちらはタチアジ漁のマアジを中心にカマス、小さめですがアマダイが入っています。

 

 

そしてタチ・アジ漁の名のとおり、タチウオも水揚げされています。

 

秋漁のシーズンがはじまり、遠州地域でしか食べられない旬の味覚を楽しみたいですね!

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:http://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:http://ebisen.hamazo.tv

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop