遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.57「浜名湖ドウマンのメス登場!」

2018.09.11

 

浜名湖の地魚・地エビ・地ガニが集まる早朝の雄踏市場の水揚げ状況と旬のオススメをご紹介いたします。

 

夏から巨大なツメを持つ浜名湖ドウマンのオスが多く水揚げされていますが、秋からはメスの水揚げがはじまります。早くも水揚げの中からメスが混ざり、写真は最大の800gほど。

 

メスの水揚げが増えていきそうです。

 

 

市場がはじまる前、競りに出すエビを仕分ける漁師さんたちの様子。

 

アカアシエビが大きく育ち、大きさ別に分けてカゴに入れています。他に最大に育つクマエビも混ざります。

 

 

ブドウ色に熟れた大きなアカアシエビの水揚げが盛りを迎えています。10月からの浜名湖周辺の秋まつりのご馳走ともなるおいしいエビです。

 

地エビとしてだけでなく広くその味をご利用いただきたいオススメのエビです。

 

 

浜名湖の活魚はセイゴからマダカ、スズキまで揃ってきています。特に若魚のマダカによいものが揚がっています。

 

他にはヒラメ・ウシノシタなどが水揚げされています。

 

 

まだハシリではありますが、これからの楽しみがモンコウイカやアオリイカの新イカです。

 

浜名湖で孵化し育ちながら水揚げされる新イカのやわらかさ、おいしさに注目したいですね。

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:http://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:http://ebisen.hamazo.tv

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop