遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.51「鷲津市場はカンパチが育ち、ドウマンとマダコが豊漁」

2018.07.25

 

浜名湖の地魚・地エビ・地ガニが揚がる早朝の鷲津市場の水揚げ状況と旬のオススメをご紹介します。

 

浜名湖の夏を代表するドウマン。先日より続く浜名湖ドウマンの豊漁で鷲津市場も、巨大なツメを持つオスの水揚げが増えています。

 

 

浜名湖の豊富なカニ・エビをエサにするから味が濃いと人気の浜名湖のマダコが今朝の鷲津で豊漁です。今年はやや成長が遅れていましたが、ちょうどよいサイズに育ち、一気に水揚げがはじまっています。

 

 

夏の浜名湖といえばサイマキ(細巻:天然クルマエビ)。すでに大サイズに育ったもの、中巻を含め数が揃っています。地エビ、浜名湖サイマキは、刺身で天ぷらで美味しくいただけます。

 

 

浜名湖で育つカンパチがサイズをあげています。小さくても刺身でおいしいカンパチは金色の美しい魚。

 

鷲津市場に揚がるカンパチは25センチほどに育ってきています。今後さらに育っていくでしょう。

 

 

育ちながら水揚げが続いている浜名湖のシンコ(新子:コノシロの幼魚)は、最大サイズから中サイズまで数揃っています。

 

旬の魚が続々と水揚げされ、漁港は大賑わいですね!

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:http://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:http://ebisen.hamazo.tv

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop