遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.46「舞阪漁港ではモチガツオ漁が豊漁」

2018.06.21

 

南浜名湖は海の産地。全国でも珍しい海につながる浜名湖の最南端の舞阪漁港では、梅雨の晴れ間に出漁したモチガツオ漁11艘、アマダイ漁2艘が豊かな水揚げとなりました。

 

 

今年のモチガツオは2キロを越える丸々と張り詰めた姿のよいものばかり。なんと400本超えモチガツオが市場の床を埋めました。

 

 

6月に解禁となったアマダイ漁は2艘が水揚げ。先日の舞阪漁港えんばい朝市の鮮魚販売でも人気を集めた美しいアマダイは、最大1キロほどから皿サイズまでさまざまな大きさで水揚げされました。

 

今週は、再び雨が予想されていますが、シラス漁・活マアジのタチ・アジ漁、アマダイ漁にアカムツ漁、沿岸刺し網漁に舞阪モチガツオと、夏漁揃っての出漁・水揚げが期待されています。

 

モチっとした食感の、鮮度抜群なモチガツオを食べられるのは、この時期ならではですね!

 

※取材協力:浜名漁協 舞阪漁港の漁師さん
舞阪漁港市場のお魚さん

 

■資料提供:南浜名湖FISH&TIPS

 

■南浜名湖FISH&TIPS ブログ:http://shlakers.hamazo.tv

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop