【浜松発】パリパリ食感が美味しい「うなぎいもチップス」

2018.06.06

 

先日、「うなぎいもチップス」をいただいたので、ご紹介します。

 

 

パッケージには、マスコットキャラクターの「うなも」がデザインされていて、かわいらしいキャラクターに目を引きます。

 

 

うなぎいもとは、うなぎを肥料にして育った、浜松産のさつまいもです。甘くて濃厚なうなぎいもは、スイーツにぴったり。

 

 

袋上部のうなもを見てみると全部表情がちがいます。よく見てみると、薄紫色のお花がデザインされていますが、こちらはうなぎいもの花だそうです。実際に見たことはありませんが、朝顔の花みたいでかわいらしいですね。

 

 

さっそく開けてみると、うなぎいもの甘い香りが漂います。

 

薄すぎず厚すぎない幅にカットされているので、歯ごたえがあり、満足感があります。程よい塩加減がうなぎいもの甘さを引き立てて、やみつきになります。

 

 

うなぎいもチップスは、ひと釜ずつ、ゆっくり丁寧に揚げる昔ながらの釜戸揚げ製法で作られているので、さつまいも本来の味わいを楽しめます。

 

原材料を見ると、うなぎいも、砂糖、植物油、塩のみで、シンプルな味付けだからこそ、素材の味が引き立つのですね。

 

おやつとしてだけではなく、れんこんチップスなどと一緒にサラダに和えてもおいしくいただけそうです。

 

 

普段のおやつからちょっとした手土産に、どなたからも喜ばれそうなおやつです。他にもうなぎいもを使ったスイーツはたくさんあるそうです。

 

スーパーや道の駅、サービスエリアなどで購入できるので、見かけた際には、浜松産のうなぎいもを使ったおやつを召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

■うなぎいも協同組合公式サイト

http://www.unagiimo.com/

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop