遠州灘・浜名湖おさかな通信vol.44「浜名湖ではワタリガニや梅雨アナゴが登場!」

2018.06.06

 

浜名湖の幸が集まる、早朝の雄踏市場の旬のオススメをご紹介いたします。

 

浜名湖は海の魚の幼魚の育ちの海。この季節は釣りでも人気の豆アジ(アジゴ)が豊かに水揚げされています。

 

骨やゼイゴが気にならない小さな豆アジは、このまま唐揚げで、ひと手間かけて南蛮漬けに使っていただけます。

 

 

 

いよいよ水揚げが本格化してきた浜名湖の天然クルマエビも、育ちながら水揚げされています。

 

大きなものも見え始めましたが、中心は中サイズ(10g)ほど。ハシリのクルマエビは、天ぷらで楽しめます。

 

 

浜名湖のワタリガニ・浜名湖ドウマンはまだハシリの季節。その中でも数が揚がっているのがイシガニ(堅ガニ)です。

 

甲羅が硬いカニですが二つに割ってカニ汁にしていただけます。よいカニ出汁が出て身も楽しめます。

 

浜名湖イシガニの家庭料理例はこちらです。

 

 

人気のガザミはまだ数が揃いませんがタイワンガザミのオス・メスは既に登場しています。

 

浜名湖タイワンガザミの家庭料理例はこちらです。

 

ガザミより安定して水揚げされている浜名湖のタイワンガザミは、蒸す・茹でるだけで楽しめます。

 

 

今日も梅雨空、浜名湖はウナギだけでなくアナゴの産地でもあります。梅雨アナゴとも呼ばれるようにこの季節に脂がのるアナゴの水揚げが増えてきています。

 

さまざまな調理法で、旬の海鮮を堪能したいですね!

 

■資料提供:海老仙

■海老仙ホームページ:http://www.ebisen.info

■海老仙ブログ:http://ebisen.hamazo.tv

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop