【袋井】自然豊かな遠州三山をめぐる

2018.01.05

▲法多山

 

袋井市に古くから続くお寺、「法多山」「可睡斎」「油山寺」は、「遠州三山」とよばれ、地元の人たちから親しまれています。

 

遠州三山のどこのお寺も、豊かな自然に囲まれ、四季折々ちがった景色を見れるので、いつ訪れても楽しめます。今回は、遠州三山の見どころをご紹介します!

 

▲厄除けだんご

 

通称「法多山(はったさん)」の名で、親しまれている「厄除観音法多山尊永寺」は、迫力のある仁王門や厄除けだんごが有名なお寺です。

 

法多山では、7月10日は、1年で最もご利益のある日といわれ、その日にお参りすれば、4万6千日分のご利益があるそうです。

 

参道に立ち並ぶ、杉並木の景色が美しく、境内は、静かで厳かな雰囲気が漂います。厄除けだんごには、期間限定のものもあり、買い求める参拝客でにぎわいます。

 

 

【ご紹介した記事はこちら】

 

【法多山】本堂への長い石段を登る!

 

「法多山・厄除け団子」地元で愛される遠州土産

 

▲可睡斎

 

徳川家康公にゆかりのある禅寺、可睡斎は、元旦から3月末まで「可睡斎ひなまつり」が開催され、その姿をひと目見ようと、多くの方が訪れます。

 

客殿の大広間に飾られる、32段・1200体のひな人形の姿は圧巻で、様々な表情のひな人形を楽しめます。

 

また、国の有形文化財に登録された「東司(とうす)」と呼ばれる、トイレもユニークで有名です。

 

【ご紹介した記事はこちら】

 

袋井市・可睡斎で楽しむ一足早いひなまつり

 

▲油山寺

 

目のご利益があるといわれる油山寺は、1500本のモミジがあり、紅葉の時期になると、赤や黄色のグラデーションで、境内がきれいに彩られます。

 

油山寺の山門は、掛川城の大手二之門を移築したもので、ずっしりとした趣があり、見ごたえがあります。三重塔や東屋の天井に描かれた龍の絵など、見どころがたくさんあります。

 

【ご紹介した記事はこちら】

 

【袋井】彩り鮮やかな「油山寺」の紅葉を満喫!

 

どのお寺も自然に囲まれ、見どころもたくさんあります。自然豊かな、遠州三山をめぐってみてはいかがでしょうか。

 

■法多山 尊永寺
http://www.hattasan.or.jp

 

■秋葉總本殿 可睡齋

http://www.kasuisai.or.jp

 

■医王山薬王院 油山寺

http://www2.wbs.ne.jp/~yusanji

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop