定番土産だけじゃもったいない!遠州の魅力が伝わるお土産をご紹介

2017.12.26

▲ひなたカフェ/マーマレードジャム

 

遠州地域のお土産には、うなぎパイやあげ潮などおなじみのアイテムの他にも、たくさんのお土産があります。今回は、遠州の魅力が、たっぷりつまった、おすすめのお土産をご紹介します。

 

まず、はじめにご紹介するのが、無添加ジャムの専門店「ひなたカフェ」さんのマーマレードジャムです。季節によって、さまざまな種類のジャムが揃うひなたカフェさんでは、浜松近郊で収穫されたくだものを使っています。

 

マーマレードジャムには、ゆずとビターオレンジ、ルビーグレープフルーツの種類があり、さわやかな香りと自然な甘さに加え、皮のほろ苦さと食感を楽しめます。マーマレード以外にもジャムの種類があるので、お好みの味を探してみてください。

 

ひなたカフェさんのジャムはイベント出店時に購入できますが、最近では、JR浜松駅メイワンの谷島屋書店さんでも購入できるので、駅周辺を訪れるときには立ち寄りたいですね。

 

紹介した記事はこちら

 

▲トリイソース/天狗ソース

 

野菜の旨みと素材のシンプルな味わいを楽しめる、鳥居食品さんの「トリイソース」は、スーパーや農協などのソースコーナーに陳列されてあり、遠州地域ではおなじみのソースです。

 

ウスターソースなどの定番アイテムもおすすめですが、今回は、浜松市天竜区春野町で収穫された山椒がはいったソースをおすすめします。

 

パッケージには、春野町の伝説にもなっている天狗がデザインされ、目を引きます。ソースのやさしい味わいと山椒のさわやかな香りを楽しめるソースです。スーパーや農協などで購入できるので、お試しください。

 

紹介した記事はこちら

 

▲杉山ナッツ/ピーナッツバター

 

杉山ナッツさんのピーナッツバターは、「遠州半立ち」という、遠州地方で栽培されている落花生を100%使用しています。杉山ナッツさんでは、昔ながらの遠州ピーナッツの作り方を伝承し、化学肥料などは一切使わず、オリジナルの堆肥、肥料作りもしてるそうです。

 

甘すぎず、自然な甘さのピーナッツバターは、普段の食卓にはもちろん、遠方の友人への手土産にも喜ばれそうです。

 

直営店はありませんが、イベントや取り扱いのあるスーパーで購入できます。facebookページに、取り扱い店舗情報も載っているので、ご自宅から近いお店をチェックしてみてください。

 

紹介した記事はこちら

 

▲玉華堂/極ぷりん

 

明治23年創業の磐田市に本店をかまえる「玉華堂」さんの極ぷりんは、なめらかな口当たりと控え目な甘さで、上品な味わいです。

 

富士山のデザインが目を引く「極ぷりん富士山」は、富士山の白雪をイメージしたという、ふわふわの生クリームがたっぷりのっています。富士山のパッケージなので、静岡県の手土産として重宝しそうです。

 
 
 
▲花の舞酒造/遠州の吟・純米吟醸
 
遠州の吟・純米吟醸は、浜松の酒造メーカー、花の舞酒造さんと遠鉄百貨店によるオリジナル商品です。お米・水・酵母のすべてを遠州産にこだわり、ていねいに仕込んで作られています。
 
銀色のラベルや和紙と紐があしらわれた瓶が、落ち着いた高級感があり、化粧箱入りなので、贈答用におすすめです。旅行や帰省時の土産にも喜ばれそうです。

 

紹介した記事はこちら

 

お土産には、定番のアイテムも喜ばれますが、遠州らしさがより伝わるお土産を、選んでみてはいかがでしょうか。

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop