【浜松】手土産に!小判型のお菓子「春華堂・慶長小判もなか」

2017.11.22

 

先日、春華堂さんで発売している「慶長小判もなか」を見つけたのでご紹介します。

 

落ち着いた黒のパッケージには、徳川家の家紋が金色でデザインされていて、小判が見え隠れしています。

 

 

よく見ると、徳川家19代德川家広氏監修と書かれています。徳川家ファンや歴史好きな方にはたまりませんね。

 

 

袋から取り出すと、キラキラに光る小判がでてきます。

 

 

慶長小判にかたどられた最中は、表面が最中の生地で、裏側がクッキーのような生地になっています。サクサクとした軽い食感で、最中とクッキー部分の異なる食感を楽しめます。

 

 

松の実やくるみがアクセントになっていて、バターの香りが口に広がります。

 

 

小判の形がかわいらしく、食べやすいサイズ感もおすすめです。ちょっとした手土産に持参すると、会話のきっかけになったり、話が盛り上がりそうですね。

 

他には、金色の箱に入ったセットもあるので、気になった方はぜひ試してみてください。

 

■春華堂「慶長小判もなか」

http://ec.shunkado.co.jp/products/list.php?category_id=143

 

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop