【遠州森町】あじさい寺で梅雨に咲く花々をたのしむ

2017.06.26

 

遠州の小京都こと森町にある「あじさい寺」で知られる極楽寺は、満開時には、約30種類、13000株のあじさいに包まれています。毎年6月中旬頃から見頃をむかえ、週末になると県外から訪れる方も多いようです。

 

 

あじさい寺の駐車場は70台とたくさんあるので、遠方から来られる方も安心です。駐車場からあじさいを楽しめます。

 

 

受付で入場料を払うと、かわいらしい絵馬をいただけます。干支も描かれているので、いつ行ったか記念になりますね。

 

 

訪れた日は、満開まであと少しというところでしたが、新緑の中に、多彩なあじさいのグラデーションを楽しめました。

 

 

参道には鉢植えのあじさいも並んでいます。

 

 

本堂へ進む参道の両側には、歩道が整備され、咲き誇る色とりどりのあじさいを楽しめます。

 

 

小さなお子さんからご年配の方まで、ゆっくりあじさいを鑑賞できます。

 

 

時折、雨が降ったり止んだりしましたが、雨に濡れたあじさいは、よりあざやかさを増し、とてもきれいでした。

 

 

週末に伺ったということもあり、たくさんの参拝客でにぎわう境内。

 

 

広い境内に色づく、あじさいの群生を、ひとつひとつ花の違いを見ながら、ゆっくり鑑賞する方の姿も。

 

 

自分だけのお気に入りのあじさいを探せそうですね。

 

 

じめじめとした梅雨の時期は、つい家にこもりがちですが、この時期にしか見れないあじさいの姿を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

■極楽寺(あじさい寺)

http://www.ajisaidera.com/ajisai.html

 

 

 

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop