遠州でオレンジ色に染まる夕景を見に行こう!

2017.04.12

■浜松市西区舞阪町弁天島

 

「海、湖、山、川」と豊かな自然に囲まれた浜松では、夕暮れ時になるとさざまざな夕日を楽しむことができます。今回は、夕暮れ時に訪れたい絶景スポットをご紹介します。

 

浜名湖に浮かぶ赤鳥居は、舞阪町のシンボルタワーです。赤鳥居の真ん中にに太陽がすっぽりと沈む姿は幻想的です。撮影されたのは2015年10月末だそう。毎年11月から3月には、赤鳥居に沈む夕日をひと目見ようと、多くの方がカメラを構えて待ちます。

 

 

■湖西市新居町

 

浜名湖の冬の風物詩・海苔棚は、地元の方たちにはお馴染みの風景です。湖面に映る夕日が美しく、水鳥たちもゆっくりと羽を休めているような一枚。2014年11月頃の撮影だそうです。

 

■久留女木の棚田 

 

浜松市北区引佐町にある久留女木(くるめき)の棚田は、「日本の棚田百選」にも選ばれ、美しい景観を楽しめます。撮影されたのは、2015年5月。太陽に照らされてかがやく棚田の美しさが際立つ一枚ですね。久留女木の棚田は、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影にも使われています。

 

■飛龍大橋

 
浜松市浜北区と磐田市を結ぶ天竜川にかかる飛龍大橋の夕景です。照明灯の柱は、龍をモチーフにデザインされています。夕焼けに染まる空と橋の明かりが幻想的な一枚。2015年9月に撮影されたそうです。

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop