【浜松・滝沢町】河津桜を見にお花見ドライブへ!

2017.03.10

 

ソメイヨシノより一足早くに咲き始める河津桜は、河津町や南伊豆町が本場ですが、浜松にも河津桜を楽しむ名所があります。

 

今回ご紹介する、浜松市北区にある滝沢町は、河津桜や展望台、風力発電の風車で知られています。

 

訪れた日は「でんでんころ桜まつり」が開催されていました。地元産の農作物や軽食が販売しており、桜並木沿いは大にぎわい。

 

 

河津桜は、背が低く、見上げるというより、目の前にあるので、間近に桜を楽しめます。

 

花見客は、満開の桜の下で、写真を撮ったり、軽食をとったりと思い思いの時間を過ごされていました。

 

 

鮮やかなピンク色と菜の花とのコントラストがきれいで、一足早い春を感じました。

 

 

滝沢町といえば、展望台も有名なので帰り道に寄ってみました。頂上までは途中、車がすれ違えないくらい細い道路もあるので、運転には十分注意が必要です。

 

 

山の斜面には、みかん畑が広がっていて、設置されたトロッコ(レール)を時折見かけます。みかんの産地ならではの風景ですね。

 

 

展望台からは、浜松市を一望できます。少し靄がかかってしまっていますが、眼下には第二東名、目を凝らして見ると遠くの方にはアクトタワーが見えました。

 

河津桜は、3月初旬までが見頃なので、もう散り始めてるかもしれませんが、興味のある方は訪れてみてください。

 

■滝沢町・桜並木:浜松市北区滝沢町、農免道路直売所

■滝沢展望台

http://www.hamamatsu-books.jp/category/detail/4d1ca0a074e92.html

 

COLUMNIST

TOWTOWMI編集部

TOWTOWMI.JPの編集部スタッフが、遠州のおすすめ情報などを更新します。

go to pagetop