太平洋岸自転車道を走る

2014.04.16
浜松に住みはじめて3年が立ちました。普段の生活は基本的に自転車で、会社通勤もプライベートも自転車。一般道路では自転車を走っちゃいけない香港から見ると、かなり珍しい事です。せっかくなので、休日にも自転車で楽しみ方を調べたら、遠州には「太平洋岸自転車道」という自転車道があるのをわかったので、走ってみました。
太平洋岸自転車道は総長約1200キロくらいですが、遠州の段は浜松市の南区から御前崎市まで約40キロです。特に計画がなかったんですが、事前に携帯でルートを確認して、駅から南に向かって進む!出発して暫くしたら太平洋にぶつかる。
時に松林、時に風車、海沿いに真っ直ぐ走って、とても気持ちいいです。
穏やかな太平洋の景色を楽しめながら、磐田、袋井、掛川を通って、半日くらいに御前崎まで辿り着く。丁度夕暮れになり、夕日の景色がとても落ち着く。体が疲れましたが、心はとても癒やされました!
皆さんも自転車で浜松を楽しんでください。きっといつもと違う景色を見えます。

COLUMNIST

go to pagetop